日産 ハイブリッド車 公開…「小さいクルマでは厳しい」山下副社長

自動車 ニューモデル 新型車

日産 ハイブリッド車 公開…「小さいクルマでは厳しい」山下副社長
  • 日産 ハイブリッド車 公開…「小さいクルマでは厳しい」山下副社長
  • 日産 ハイブリッド車 公開…「小さいクルマでは厳しい」山下副社長
  • 日産 ハイブリッド車 公開…「小さいクルマでは厳しい」山下副社長
日産自動車は6日、自社開発によるハイブリッド車の実験車両を公開した。『スカイライン』のV6型3.5リットルエンジン車をベースにパラレル方式を採用。2次バッテリーはリチウムイオン電池を搭載している。

FR方式の高級車をベースにした狙いについて、開発部門担当の山下光彦副社長は「ハイブリッドの良さがこのクラスでは出しやすいから」と語った。

具体的には、燃費性能の大幅な向上が可能なことや、静粛性、高い動力性能の実現、を指摘した。一方で、ハイブリッドシステムは、現状では価格も割高になるため「小さいクルマでは厳しい」とも述べた。

日産のシステムはエンジン、モーター、ミッションを2個のクラッチでつなぐ方式であり、FF方式の小型車ではスペースの関係もあって採用は難しそうだ。

山下副社長は、小型車についてはモーターのアシストを小さくする「マイルド方式」など、他のシステムも含めて検討を進める方針も示した。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集