キーパーソン インタビューに関するニュースまとめ一覧

【三菱 eKクロスEV】「EVは特別なものではない」あえてガソリン車と同じ見た目である理由 画像
自動車 ニューモデル

【三菱 eKクロスEV】「EVは特別なものではない」あえてガソリン車と同じ見た目である理由

三菱自動車の軽乗用電気自動車(軽EV)、『eKクロスEV』が5月20日にデビューした。改めて軽EVの価値が見直される中登場した新型車は、どのような想いで生まれ、そして進化したのか。

【ヤマハ XSR900 新型】作ったのは「開発者も欲しいバイク」、MT-09との思想の違いとは 画像
モーターサイクル

【ヤマハ XSR900 新型】作ったのは「開発者も欲しいバイク」、MT-09との思想の違いとは

2021年11月のEICMA(イタリア・ミラノ)で発表され、欧米ではすでに発売が始まっているヤマハの新しいスポーツヘリテイジが『XSR900』だ。日本においても、今春開催された「大阪モーターサイクルショー」と「東京モーターサイクルショー」にて初披露。

世界一美しいクルマ『DS 4』はプロポーションがカギ…デザイナー[インタビュー] 画像
自動車 ニューモデル

世界一美しいクルマ『DS 4』はプロポーションがカギ…デザイナー[インタビュー]

ステランティスジャパンは『DS4』を発表した。プレミアムCセグメントという競争激しい市場に参入するに際し、発表会では本国と結んでQAセッションが設けられた。DSオートモビルがDS4に対しての期待値やデザインに対する思いをまとめてみた。

「移動の常識を疑う」 格差解消へ向けたインスピレーションとは…ジオテクノロジーズとウィラーの代表が語る 画像
自動車 ビジネス

「移動の常識を疑う」 格差解消へ向けたインスピレーションとは…ジオテクノロジーズとウィラーの代表が語るPR

MaaS(Mobilty as a Service)を一言で言い表すなら「移動に関する機能や価値を、テクノロジーによって拡張・強化すること」。ここで重要なのは、拡張・強化された移動がサービスとして現実世界に再現されなければならないことだ。

男社会の自動車業界で訴え続けた“ラブ”ブランディングという挑戦 画像
自動車 ビジネス

男社会の自動車業界で訴え続けた“ラブ”ブランディングという挑戦

アバルトの女性だけのミーティング「スコルピオンナドライブ」を発案したティツィアナ・アランプレセさんにモータージャーナリスト竹岡圭がインタビュー。女性がクルマの世界でブランドを一から作っていく難しさや挑戦について、語っていただきました。

【ミシュラン パイロットスポーツ5】タイヤのデザイナーに聞いた「使い切るためのデザイン」ヒントはWRCにあった 画像
自動車 ビジネス

【ミシュラン パイロットスポーツ5】タイヤのデザイナーに聞いた「使い切るためのデザイン」ヒントはWRCにあった

◆スリップサインはミシュランマンが目印 ◆タイヤの寿命を使い切るためのデザイン ◆ヒントはWRCにあった

【フィアット 500e】全数ディーラーに戻すために…セールスダイレクター[インタビュー] 画像
自動車 ニューモデル

【フィアット 500e】全数ディーラーに戻すために…セールスダイレクター[インタビュー]

ステランティスジャパンが導入を発表したフィアット『500e』は全てリース販売となる。その理由について営業部セールスダイレクターに話を聞いた。

【フィアット 500e】500を買ったらEVだった…ブランドマネージャー[インタビュー] 画像
自動車 ニューモデル

【フィアット 500e】500を買ったらEVだった…ブランドマネージャー[インタビュー]

ステランティスジャパンはフィアット『500e』の日本導入を発表した。そのターゲットユーザーは大きく3つあるという。

EV充電:インフラ事業としての難しさへの挑戦…e-Mobility Power代表取締役社長 四ツ柳尚子氏[インタビュー] 画像
自動車 ビジネス

EV充電:インフラ事業としての難しさへの挑戦…e-Mobility Power代表取締役社長 四ツ柳尚子氏[インタビュー]

e-Mobility Powerは国内最大手の充電ネットワークを持つサービスプロバイダーだ。4月20日に開催する無料のオンラインセミナー「カーボンニュートラルとEV普及の潮流」において、同社代表取締役社長の四ツ柳尚子氏が、充電インフラにおける課題と取り組みについて講演を行う。

【ヤマハ シグナス グリファス】NMAXとの違い、フラットフロアで実現した「スポーツ性」とは 画像
モーターサイクル

【ヤマハ シグナス グリファス】NMAXとの違い、フラットフロアで実現した「スポーツ性」とは

2021年12月に発売が始まったヤマハの原付2種スクーターが『シグナス グリファス』だ。前編ではエンジンが空冷から水冷になった経緯や、それを搭載するためのフレームのことをお届けした。後編はハンドリングやデザインの話題を中心に関してお届けしよう。

【ミシュラン パイロットスポーツ5】タイヤのデザイナーに聞いた「より黒く見える新技術」とは 画像
自動車 ビジネス

【ミシュラン パイロットスポーツ5】タイヤのデザイナーに聞いた「より黒く見える新技術」とは

日本ミシュランタイヤの新世代スポーツタイヤ『パイロットスポーツ5』。そのデザインを担当した研究開発本部・PCタイヤ先行技術開発部の清井友広さんは、「特別な想いを持ってデザインを行いました」と今回の開発を振り返る。

【ヤマハ シグナス グリファス】軽快感や取り回しの良さを失っては「シグナス」を名乗れない 画像
モーターサイクル

【ヤマハ シグナス グリファス】軽快感や取り回しの良さを失っては「シグナス」を名乗れない

2003年に発売が始まったヤマハの原付2種スクーターが『シグナスX』だ。利便性に優れるシティコミューターとしては幅広く支持されてきたわけだが、先頃すべてが刷新された『シグナス グリファス』がデビュー。今回、その開発メンバーに様々なエピソードを聞くことができた。

【ミシュラン パイロットスポーツ5】タイヤのデザイナーに聞いた「タイヤをデザインするということ」 画像
自動車 ビジネス

【ミシュラン パイロットスポーツ5】タイヤのデザイナーに聞いた「タイヤをデザインするということ」

日本ミシュランタイヤの新世代スポーツタイヤ『パイロットスポーツ5』のセールスポイントは、性能だけではない。1月28日のオンライン発表会ではデザイナーが登壇し、そのデザイン魅力を訴えていた。

【ジープ グラディエーター】ブランドを象徴する重要なクルマ…プロダクトマネージャー[インタビュー] 画像
自動車 ニューモデル

【ジープ グラディエーター】ブランドを象徴する重要なクルマ…プロダクトマネージャー[インタビュー]

FCAジャパンは、ジープ『ラングラー』をベースにさらに荷台をあしらったピックアップ、「グラディエーター」の導入を開始した。なぜ5,600mmもの全長を誇るフルサイズピックアップをなぜ販売するのか。担当者に話を聞いた。

リチウムイオン電池の先駆者パナソニックの、持続可能な社会に向けた技術戦略とは…二次電池展 3月16日開幕 画像
自動車 ビジネス

リチウムイオン電池の先駆者パナソニックの、持続可能な社会に向けた技術戦略とは…二次電池展 3月16日開幕PR

2022年3月16日(水)から18日(金)の3日間にわたり、東京ビッグサイトで「二次電池展」(通称:バッテリージャパン)が開催される。二次電池の研究開発、製造に必要なあらゆる技術、部品・材料、装置、二次電池が出展する、世界最大級の二次電池の専門展だ。

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 …10 …20 ・・・> 次 >> 末尾
Page 1 of 80