キーパーソン インタビューニュースまとめ | レスポンス(Response.jp)

キーパーソン インタビューに関するニュースまとめ一覧

【レッドブル・エアレース 最終戦インディアナポリス】室屋選手が心境を語る…勝ちに行くだけ 画像
航空

【レッドブル・エアレース 最終戦インディアナポリス】室屋選手が心境を語る…勝ちに行くだけ

レッドブル・エアレース 最終戦(インディアナポリス)は14日午前10時にメディア向けの「ハンガーウォーク」が始まり、室屋義秀選手が個別でインタビューに応じた。室屋選手は総合2位、首位のマルティン・ソンカ選手に4ポイント差で最終戦を迎える

【インタビュー】「ITシステムの外販が第三の柱になっている」…カーセブンディベロプメント 井上社長 画像
自動車 ビジネス

【インタビュー】「ITシステムの外販が第三の柱になっている」…カーセブンディベロプメント 井上社長PR

カーセブンディベロップメントの本社オフィス移転は、IT人材の採用強化が狙いのひとつだという。カーセブンのビジネスに起きている変化について、社長の井上貴之氏に話を聞いた。

パリ発の世界観を体感して…新世代ラグジュアリーブランドの発信基地「DS STORE」とは 画像
自動車 ビジネス

パリ発の世界観を体感して…新世代ラグジュアリーブランドの発信基地「DS STORE」とはPR

今回、東名阪初のDSブランド専売ディーラーとして今年4月にオープンした「DS STORE 名古屋」を訪ね、DSブランドの魅力、今後の展開などを池田淳店長に聞いた。

ランボルギーニ3本目の柱、ウルスにはハイブリッドモデルも登場…ランボルギーニアジア・太平洋地区代表【インタビュー】 画像
自動車 ニューモデル

ランボルギーニ3本目の柱、ウルスにはハイブリッドモデルも登場…ランボルギーニアジア・太平洋地区代表【インタビュー】

ここ数年、日本を含めグローバルで成長しているランボルギーニ。特に日本は同社にとって2番目に大きい市場だという。そこで近々投入が噂されているSUV『ウルス』を含め、同社の現状について話を聞いた。

「今後はAIが大事な役割を担う」アウディ技術開発担当取締役 ペーター・メルテンス氏【インタビュー】 画像
自動車 ニューモデル

「今後はAIが大事な役割を担う」アウディ技術開発担当取締役 ペーター・メルテンス氏【インタビュー】

2025年までに売り上げの3分の1を電気自動車(EV、PHV)にするというアウディ。今回は、技術開発担当取締役のペーター・メルテンス氏に話を聞く機会を得た。

清水和夫×吉田由美が第45回東京モーターショー2017を斬る…“コネクト”その先にあるもの 画像
自動車 ニューモデル

清水和夫×吉田由美が第45回東京モーターショー2017を斬る…“コネクト”その先にあるものPR

新たな舵を切り出した東京モーターショーの見方、楽しみ方を、モータージャーナリストの清水和夫氏と、カーライフ・エッセイストの吉田由美氏が語り合った。

清水和夫が語る、東京モーターショーの「“向こう側”にあるもの」とは 画像
自動車 ニューモデル

清水和夫が語る、東京モーターショーの「“向こう側”にあるもの」とはPR

今年の東京モーターショーで何を見ることができるのか。世界の自動車市場を取材し、環境問題やITS、次世代先進技術などあらゆる専門分野に精通するモータージャーナリスト清水和夫氏に聞いた。

【インタビュー】 コネクテッドカーは重要なユースケース…NTTドコモ 5G推進室 中村武宏 画像
自動車 テクノロジー

【インタビュー】 コネクテッドカーは重要なユースケース…NTTドコモ 5G推進室 中村武宏

自動車のブレークスルーとITが通信によって融合したとき、モビリティはどのように変革するのか。レスポンスセミナー「5Gとモビリティ革命」に登壇予定のNTTドコモ 先進技術研究所 5G推進室 室長 主席研究員の中村武宏氏に聞いた。

【インタビュー】モビリティの価値そのものが問われる…本田技術研究所 永留克文 画像
自動車 ビジネス

【インタビュー】モビリティの価値そのものが問われる…本田技術研究所 永留克文

。自動車のブレークスルーとITが通信によって融合したとき、モビリティはどのように変革するのか。レスポンスセミナー「5Gとモビリティ革命」に登壇予定の本田技術研究所 四輪R&Dセンター 第8技術開発室 室長 上級研究員 永留克文氏に聞いた。

【インタビュー】自動運転のPDCAを回せる環境を…総務省 新世代移動通信システム推進室 和田憲拓 画像
自動車 社会

【インタビュー】自動運転のPDCAを回せる環境を…総務省 新世代移動通信システム推進室 和田憲拓

自動車のブレークスルーとITが通信によって融合したとき、モビリティはどのように変革するのか。レスポンスセミナー「5Gとモビリティ革命」に登壇予定の総務省 総合通信基盤局 電波部 移動通信課 新世代移動通信システム推進室の和田憲拓氏に聞いた。

【インタビュー】電動化と自動運転をやっていくんだという意思…日産自動車 コネクティッドカー&サービス開発部 村松寿郎 画像
自動車 ビジネス

【インタビュー】電動化と自動運転をやっていくんだという意思…日産自動車 コネクティッドカー&サービス開発部 村松寿郎

自動車のブレークスルーとITが通信によって融合したとき、モビリティはどのように変革するのか。レスポンスセミナー「5Gとモビリティ革命」に登壇予定の日産自動車 コネクティッドカー&サービス開発部 テレマティクス開発グループ 主管 村松寿郎氏に聞いた。

【インタビュー】トヨタを変えるために踏み込んだ…トヨタ自動車 コネクティッドカンパニー 井形弘 画像
自動車 ビジネス

【インタビュー】トヨタを変えるために踏み込んだ…トヨタ自動車 コネクティッドカンパニー 井形弘

自動車のブレークスルーとITが通信によって融合したとき、モビリティはどのように変革するのか。レスポンスセミナー「5Gとモビリティ革命」に登壇予定のトヨタ自動車 コネクティッドカンパニー BR MaaS(マース)事業室 設計企画グループ長の井形弘氏に聞いた。

【インタビュー】 隊列走行のV2Vには5Gの低遅延を - ソフトバンク 先端技術研究部 吉野仁氏 画像
自動車 ビジネス

【インタビュー】 隊列走行のV2Vには5Gの低遅延を - ソフトバンク 先端技術研究部 吉野仁氏

自動車のブレークスルーとITテクノロジーが通信によって融合したとき、モビリティはどのように変革するのか。ソフトバンク 先端技術研究部 担当部長 吉野仁氏に聞いた。

安心感をもたらす35mm増しのスイングアーム…スズキ GSX-R1000R 新型開発チーム【インタビュー】 画像
モーターサイクル

安心感をもたらす35mm増しのスイングアーム…スズキ GSX-R1000R 新型開発チーム【インタビュー】

サーキットで試乗した新型『GSX-R1000R』。ストレートでの安定性も抜群にいい。

走るタコメーターでますます熱い…スズキ GSX-R1000R 新型車体電装設計担当者【インタビュー】 画像
モーターサイクル

走るタコメーターでますます熱い…スズキ GSX-R1000R 新型車体電装設計担当者【インタビュー】

「タコメーターが走る!」。新型スズキ『GSX-R1000R』のメーター開発を担当した車体電装設計課の広末忠之さんの言葉だ。

空き駐車場をネット経由で貸し借りできる!…駐車場シェアサービス「akippa」 画像
自動車 テクノロジー

空き駐車場をネット経由で貸し借りできる!…駐車場シェアサービス「akippa」

 借り手のいない月極駐車場、利用者のいないマンションの駐車場から、果ては空きスペースになっている個人宅の駐車場まで、あらゆる駐車場をネット経由で貸し借りできる駐車場シェアサービス「akippa」(アキッパ)が注目を集めている。

担当の垣根を越え、究極を目指した…スズキ GSX-R1000R 新型車両開発者【インタビュー】 画像
モーターサイクル

担当の垣根を越え、究極を目指した…スズキ GSX-R1000R 新型車両開発者【インタビュー】

ニューモデルの開発はエンジニアたちがエンジン、車体、足まわり、電装など各パートに分かれて、それぞれが行っていくというのが従来のセオリーであったが、スズキの新型『GSX-R1000R』ではそういった垣根はなかった。

マン島TTを完走した男・山中正之…全力を出し切れなかった後悔【インタビュー】 画像
モータースポーツ/エンタメ

マン島TTを完走した男・山中正之…全力を出し切れなかった後悔【インタビュー】

生活道路が封鎖されて出来上がるマウンテンコースは、レースのために作ったクローズド・サーキットのような安全性が見込まれていない。選手は250以上あるといわれるカーブを記憶し、200km/h以上の高速で駆け抜ける。

マン島、たった1人の日本人ライダー…山中正之「TTは人間力が試される」【インタビュー】 画像
モータースポーツ/エンタメ

マン島、たった1人の日本人ライダー…山中正之「TTは人間力が試される」【インタビュー】

同じマン島のレースでも、アマチュア色の濃いマンクスGPからTT出場をつかみ取った山中正之にとって、レジェンドライダーの集うTTの熱気は、特別なものだった。

マン島に4年通い、TTに出場した男…山中正之【インタビュー】 画像
モータースポーツ/エンタメ

マン島に4年通い、TTに出場した男…山中正之【インタビュー】

世界最古の公道レース「マン島TT」に今年、東京都から1人の日本人が初エントリーし、完走を果たした。山中正之、49歳。

伝統の縦2灯マスクを継承し、外装のボルトは平らに…スズキ GSX-R1000R 新型艤装設計者【インタビュー】 画像
モーターサイクル

伝統の縦2灯マスクを継承し、外装のボルトは平らに…スズキ GSX-R1000R 新型艤装設計者【インタビュー】

「もともとGSX-R系というのは、縦2灯のヘッドライトが分かれずにフロントマスクの真ん中にあるっていうのが伝統のイメージなんですが、それを継承しました」

ライダーにやさしくなればなるほど速い…スズキ GSX-R1000R 新型車体開発者【インタビュー】 画像
モーターサイクル

ライダーにやさしくなればなるほど速い…スズキ GSX-R1000R 新型車体開発者【インタビュー】

スズキの新型『GSX-R1000R ABS』をサーキットにて試乗したが、オール新設計の車体は応答性と俊敏性が向上している。ストレートからコーナーへ進入していくとき、ブレーキングで意識的に車体姿勢を整えなくとも、スッと車体を寝かし込んでいけるイージーな感覚があるのだ。

アジアシリーズは最もレースを楽しんでいる…ランボルギーニモータースポーツ責任者【インタビュー】 画像
モータースポーツ/エンタメ

アジアシリーズは最もレースを楽しんでいる…ランボルギーニモータースポーツ責任者【インタビュー】

8月19日から20日にかけて、ワンメイクレース、ランボルギーニ・スーパートロフェオのアジアシリーズ第4戦が富士スピードウェイにて開催された。当日は本国よりモータースポーツ部門責任者も来日したので、現在の同社のモータースポーツの現状等について話を聞いた。

エンジンを前輪に近づけることでナンバー1の旋回性を…スズキ GSX-R1000R 新型エンジン設計者【インタビュー】 画像
モーターサイクル

エンジンを前輪に近づけることでナンバー1の旋回性を…スズキ GSX-R1000R 新型エンジン設計者【インタビュー】

サーキットを試乗し、旋回性の高さを実感できたニュー『GSX-R1000R』。その優れるコーナリング性能には、エンジンの搭載レイアウトも大きく関わっていると、エンジン設計を担当した織田知之さんが教えてくれた。

MotoGPの技術でキングの称号を奪還…スズキ GSX-R1000R 新型開発リーダー【インタビュー】 画像
モーターサイクル

MotoGPの技術でキングの称号を奪還…スズキ GSX-R1000R 新型開発リーダー【インタビュー】

フルモデルチェンジを果たし、「GSX-R」史上もっともパワフルで、もっとも加速性能に優れ、もっともクリーンに走るスズキの新型『GSX-R1000R ABS』。サーキットでの試乗後に、開発チームから詳しい話しを聞くことができた。

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 …10 …20 ・・・> 次 >> 末尾
Page 1 of 27