キーパーソン インタビューニュースまとめ | レスポンス(Response.jp)

キーパーソン インタビューに関するニュースまとめ一覧

「ピュアな“魂動”の美しさを壊さずに」マツダ CX-3 改良新型、チーフデザイナーの想い 画像
自動車 ニューモデル

「ピュアな“魂動”の美しさを壊さずに」マツダ CX-3 改良新型、チーフデザイナーの想い

マツダ『CX-3』がデビュー以来4度目の改良を受け、初めてデザインにも手が入れられた。改良モデルのデザインを指揮したマツダデザイン本部チーフデザイナーの柳澤亮氏に、今回の変更意図やそのポイントについて聞いた。

日産が考えるコネクテッドカーの価値とは…日産自動車 村松寿郎主管[インタビュー] 画像
自動車 ビジネス

日産が考えるコネクテッドカーの価値とは…日産自動車 村松寿郎主管[インタビュー]

コネクテッドカーは様々なオンラインサービスに組み込まれることにより、その付加価値は拡大する。そのような近未来にむけて、いまどのような手を打つべきか。日産自動車 コネクティドカー&サービス開発部主管の村松寿郎氏に聞いた。

UL Japan、自動車業界にむけたアドバンテージとは… EV/HV車載製品に対応した試験設備を国内初展開【インタビュー】 画像
自動車 ビジネス

UL Japan、自動車業界にむけたアドバンテージとは… EV/HV車載製品に対応した試験設備を国内初展開【インタビュー】PR

今年8月、電気自動車およびハイブリッド自動車(EV/HV)に搭載される製品に対応した国内初の試験設備が稼働する。UL Japan が新設したCISPR 25:2016 Edition4 Annex I 対応の電波暗室「EHV Chamber (Electric & Hybrid Vehicle Chamber)」だ。

クルマも定額で乗る時代に…コネクテッドカーで描く“移動の最適化”とは 画像
自動車 ビジネス

クルマも定額で乗る時代に…コネクテッドカーで描く“移動の最適化”とは

スマートフォン端末を手に入れる感覚で、クルマを所有する時代へ――。

意外と見られている?営業マンの運転マナー、体験型講習で「意識変えたい」 画像
自動車 ビジネス

意外と見られている?営業マンの運転マナー、体験型講習で「意識変えたい」

企業向けドライバー講習は数ある中、ショーファーデプトの講習は運転技術の向上“だけではない”ところ、そしてそのターゲットに明確な違いがあるという。取締役・マネジャーの竹岸久雄氏に、同社のビジネス、そのねらいを訊いた。

スズキ クロスビー 開発担当者…投入のきっかけやハスラーとの差別化[インタビュー] 画像
自動車 ニューモデル

スズキ クロスビー 開発担当者…投入のきっかけやハスラーとの差別化[インタビュー]

スズキ『クロスビー』は、軽自動車『ハスラー』のデザインモチーフを取り入れながら、小型車として作られた。ではなぜスズキはクロスビーを作ったのか。また、ハスラーとの関係性をどう捉えているのかなどについて開発担当者に話を聞いた。

「Suicaとはここが違う」単なる決済手段ではないWeChatPayの強さ…ネットスターズ 大竹口隆 執行役員【インタビュー】 画像
自動車 ビジネス

「Suicaとはここが違う」単なる決済手段ではないWeChatPayの強さ…ネットスターズ 大竹口隆 執行役員【インタビュー】

いまや中国人の社会インフラともいわれるWeChatPay。アクティブユーザーは8億人にも達するという。なぜWeChatPayがこれだけ支持されているのか。テンセント社の日本展開をサポートする株式会社ネットスターズ 執行役員の大竹口隆氏に聞いた。

見えない信号機が自動運転普及のカギになる…カーネギーメロン大学 青木俊介【インタビュー】 画像
自動車 テクノロジー

見えない信号機が自動運転普及のカギになる…カーネギーメロン大学 青木俊介【インタビュー】

自動運転研究の世界的権威である米カーネギーメロン大学において、自動運転の実現に取り組む日本人研究者、青木俊介氏が発表した研究成果「サイバー信号機」について、その具体的な仕組みや、これから目指すところについて聞いた。

中国ITビッグ3がねらうファブレスEV…日本総研程塚正史マネジャー【インタビュー】 画像
自動車 ビジネス

中国ITビッグ3がねらうファブレスEV…日本総研程塚正史マネジャー【インタビュー】

中国政府の打ち出したNEV規制の発効まで、あと1年。EVによる自動車産業の確立を目指す中国において、マーケットは今後どのように動くのか。中国自動車産業分析の第一人者である日本総合研究所 創発戦略センター マネジャーの程塚正史(ほどつかまさし)氏に聞いた。

SUVとクーペスタイルの融合、アメリカで知名度のある名前でデビュー…三菱 エクリプスクロス 開発者[インタビュー] 画像
自動車 ニューモデル

SUVとクーペスタイルの融合、アメリカで知名度のある名前でデビュー…三菱 エクリプスクロス 開発者[インタビュー]

三菱自動車から久々の新規車種である『エクリプスクロス』がデビューした。SUVとクーペスタイルを融合した新たなポジショニングを獲得したというこのクルマ。なぜ三菱はエクリプスクロスを登場させたのか、またなぜ、このネーミングを採用したのかを含めて話を聞いた。

【新潮流カーライフ】「クルマの”賃貸”という”新しい当たり前”をつくりたい」ナイル高橋飛翔社長インタビュー 画像
自動車 ビジネス

【新潮流カーライフ】「クルマの”賃貸”という”新しい当たり前”をつくりたい」ナイル高橋飛翔社長インタビュー

クルマを取り巻く環境が大変革している。カーライフの変化も大きく、さまざまなサービスが生まれている。1月に公開された“マイカー賃貸”「カルモ」も、新しいカーライフを提案するサービスのひとつだ。高橋飛翔ナイル社長に新サービスについて聞いた。

小型電動2輪車用エネルギー供給手段のスタンダードを目指す…キムコ 会長インタビュー 画像
モーターサイクル

小型電動2輪車用エネルギー供給手段のスタンダードを目指す…キムコ 会長インタビューPR

台湾のKYMCO(キムコ)は3月23日、都内で「iONEX」をワールドプレミアした。これに合わせ、キムコ会長のアレン・コウ氏も来日。カンファレンス後、インタビューに応じた。

ライダーは多少の雨でもツーリングへ行くから…ブリヂストン二輪タイヤ開発者談 画像
モーターサイクル

ライダーは多少の雨でもツーリングへ行くから…ブリヂストン二輪タイヤ開発者談

ブリヂストンの最新タイヤ『BATTLAX SPORT TOURING T31』(以下、T31)と『BATTLAX ADVENTURE A41』(以下、A41)に共通して言えることは、ウェット性能が高いということ。

アルテオン はバリューフォーマネーが高く、VWのフラッグシップらしいクルマ…マーケティング担当[インタビュー] 画像
自動車 ニューモデル

アルテオン はバリューフォーマネーが高く、VWのフラッグシップらしいクルマ…マーケティング担当[インタビュー]

フォルクスワーゲングループジャパン(以下VGJ)は、フラッグシップの『アルテオン』を導入し、その台数を順調に伸ばしているという。そこで、このアルテオンの導入経緯やポジショニング等について話を聞いた。

フェラーリ ポルトフィーノ は「ドルチェヴィータ」、人生の楽しさを謳歌できる…極東中東エリア統括CEO[インタビュー] 画像
自動車 ニューモデル

フェラーリ ポルトフィーノ は「ドルチェヴィータ」、人生の楽しさを謳歌できる…極東中東エリア統括CEO[インタビュー]

フェラーリ・ジャパンは『カリフォルニア』と『カリフォルニアT』の後継となる『ポルトフィーノ』を発表。ここ数年順調に台数を伸ばしている同社に勢いをつけるクルマになることを踏まえ、経営陣に近年の状況や今後の見通しについて話を聞いた。

光岡 ヒミコ 新型の剛性アップに貢献したデザイン…デザイナー[インタビュー] 画像
自動車 ニューモデル

光岡 ヒミコ 新型の剛性アップに貢献したデザイン…デザイナー[インタビュー]

光岡はベース車両のモデルチェンジに合わせ『ヒミコ』を2代目に進化させた。そのデザインは初代を踏襲しながらも、さらに抑揚を持たせアグレッシブに見えるようにしているという。

ジャガー E-PACE は日本車からの乗り換えもターゲット…マーケティング担当[インタビュー] 画像
自動車 ニューモデル

ジャガー E-PACE は日本車からの乗り換えもターゲット…マーケティング担当[インタビュー]

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは新型コンパクト・パフォーマンスSUVのジャガー『E-PACE』を発表した。なぜジャガーは『F-PACE』に続きE-PACEを投入したのか。また、ターゲットユーザーはどう考えているのかについて、マーケティング担当者に話を聞いた。

センシング技術の先端 - 日立オートモティブシステムズ 工藤真氏[インタビュー] 画像
自動車 ビジネス

センシング技術の先端 - 日立オートモティブシステムズ 工藤真氏[インタビュー]

自動運転の本格普及が始まろうとしているいま、アイサイトにも搭載されたステレオカメラは、これからどのように進化するのか。日立オートモティブシステムズ 先端センシング技術開発部 部長の工藤真氏に聞いた。

サービス世界大会で金メダルを獲りに行く…アウディジャパン社長[インタビュー] 画像
自動車 ビジネス

サービス世界大会で金メダルを獲りに行く…アウディジャパン社長[インタビュー]

「Audi Twin Cup 2017 Japan Final」が2月14日に大阪で開催された。そのイベントに込められた意味、そして日本法人として期待することを会場でアウディジャパン代表取締役社長の斎藤徹氏に伺った。

ショーファーカーからドライバーズカーへの変貌がカギ…ロールスロイス[インタビュー] 画像
自動車 ニューモデル

ショーファーカーからドライバーズカーへの変貌がカギ…ロールスロイス[インタビュー]

2017年、ロールスロイスの日本市場での登録台数は225台で、2016年の223台とほぼ同数を記録。しかし、昨年はファントムの販売がなかったことから、他モデルが増加したことになる。そこでこういった要因や、同社の日本市場への取り組みなどについて話を聞いた。

メカニックの獲得はハローワーク攻略がカギ…船井総研 藤木晋丈氏【インタビュー】 画像
自動車 ビジネス

メカニックの獲得はハローワーク攻略がカギ…船井総研 藤木晋丈氏【インタビュー】

自動車整備士の人材不足がますます深刻化しており、全国のカーディーラーや中古車販売店、整備工場の事業計画に深刻な影響を与えている。具体的な人材獲得ノウハウを、船井総合研究所で人材獲得のコンサルティングに携わるシニア経営コンサルタントの藤木晋丈氏に聞いた。

駆け抜ける喜びをエクステリアでも感じてもらいたい…BMW i3 改良新型[インタビュー] 画像
自動車 ニューモデル

駆け抜ける喜びをエクステリアでも感じてもらいたい…BMW i3 改良新型[インタビュー]

BMWの電気自動車、BMW『i3』がマイナーチェンジした。これまでグローバルでおよそ9万7000台が販売されたi3について、日本市場のユーザー層や購入動機、そして、今回の変更ポイント等をBMWジャパンでサブブランド“i”の責任者を務めるホルム・リヒター氏に話を聞いた。

アルピーヌ の日本投入は2018年後半を予定、2020年には1万台も…ルノー・ジャポン社長[インタビュー] 画像
自動車 ビジネス

アルピーヌ の日本投入は2018年後半を予定、2020年には1万台も…ルノー・ジャポン社長[インタビュー]

ルノー・ジャポンは2017年1~12月の新車登録台数が7000台を突破し7121台(JAIA調べ)となったことを発表。前年同比134.3%増(5304台)となり、8年連続前年比増となった。そこで、東京オートサロン2018に訪れた同社代表取締役社長の大極司氏に話を聞いた。

なぜ「オートモーティブワールド」が世界最大級の自動車技術展となりえたのか 画像
自動車 ビジネス

なぜ「オートモーティブワールド」が世界最大級の自動車技術展となりえたのか

今や日本のみならず世界最大規模の自動車技術展にまで成長したオートモーティブワールドは、なぜ、いかにして拡大し続けるのか、その理由を同展事務局長のリード エグジビジョン ジャパン早田匡希氏に訊いた。

OEM性能・品質の製品をアフターマーケットでも提供、 クローバーターボ の強みとは…社長インタビュー 画像
自動車 ニューモデル

OEM性能・品質の製品をアフターマーケットでも提供、 クローバーターボ の強みとは…社長インタビューPR

年に一度のクルマの祭典、東京オートサロン2018の会場でクリーンな四つ葉のクローバーのロゴマークが光るブースがあった。

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 …10 …20 ・・・> 次 >> 末尾
Page 1 of 33