新日石、隠岐のSSで異油種混入

自動車 社会 行政

新日本石油は、山陰タンク・隠岐油槽所で石油製品の船揚荷役をする際に、レギュラーガソリン、灯油および軽油に異油種が混入した可能性があることが発覚したと発表した。原因については、現在調査中。

これらの燃料油は同油槽所から出荷され、隠岐の島町内のENEOSサービスステーションで販売された可能性があるとして、同社では注意を呼びかけている。

6月25日以降、隠岐の島町内のENEOSサービスステーションでレギュラーガソリン、灯油、または軽油を購入した人で車の不調や燃焼不良などが発生した場合、申し出るよう求めている。

同社ではENEOSサービスステーションで「品質に対する信頼を損なう事態が発生したことを厳粛に受け止め、深くお詫び申し上げます」としている。

隠岐の島町内のENEOSサービスステーション
西郷南SS:隠岐郡隠岐の島町 平平ノ前681
西郷SS:隠岐郡隠岐の島町 西町名田
港町SS:隠岐郡隠岐の島町 港町大津25ー6
都万SS:隠岐郡隠岐の島町 都万2096-1
中村SS:隠岐郡隠岐の島町 中村11-3
郡SS:隠岐郡隠岐の島町 郡514-2
北方PS:隠岐郡隠岐の島町 北方420-2
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集