長野道 塩尻北ICで料金自動収受機を運用 7月8日から

自動車 社会 行政

長野道 塩尻北ICで料金自動収受機を運用 7月8日から
  • 長野道 塩尻北ICで料金自動収受機を運用 7月8日から
NEXCO中日本では、長野自動車道・塩尻北IC出口で、7月8日10時から料金自動収受機の運用を開始する。導入レーンは、全5レーン中1レーン。利用できる支払い手段は、現金(紙幣・10円以上の硬貨)、ETCカードを含むクレジットカード。

塩尻北ICでは、2008年3月現在で利用者の77%がETCを利用しているが、一般レーンについても出口での料金収受業務の効率化を目的に、利用者の操作で通行料金を支払う料金自動収受機をNEXCO中日本では導入することとした。

料金自動収受機レーンの利用は、「通行券挿入口」へ通行券を挿入後、案内パネルに通行料金が表示されるので、現金またはクレジットカード(ETCカードも可)で支払う。入口をETC無線通信で走行した場合は、車載器からETCカードを抜き「ETCカード挿入口」に挿入し、料金を支払う。

NEXCO中日本では、通勤時間帯や混雑時には従来どおり係員による他の一般レーンも併用して運用するとしている。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集