ジャパンエナジーの定置用燃料電池システム、発電2万時間を達成

エコカー 燃費

ジャパンエナジーの定置用燃料電池システム、発電2万時間を達成
  • ジャパンエナジーの定置用燃料電池システム、発電2万時間を達成
ジャパンエナジーは、財団法人新エネルギー財団が独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構から助成を受けて実施している「定置用燃料電池大規模実証事業」で、設置している定置用燃料電池システム「JOMO ECOCUBE」104台のうちの2台が発電2万時間を達成したと発表した。

今回、発電2万時間を達成したのは、同社が2005年度に設置した東芝燃料電池システム製の2台。当該機は主要部品を交換することなく発電2万時間で、発電量約8400kWhを達成したもので、一般家庭に設置した同社製の燃料電池システムでは初めて。

同社は、今年度も燃料電池システム40台分の助成金交付の決定を受けている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集