感性価値時代のデザイン…「明太子スパゲティ」トヨタ 平井和平氏

自動車 ビジネス 企業動向

感性価値時代のデザイン…「明太子スパゲティ」トヨタ 平井和平氏
  • 感性価値時代のデザイン…「明太子スパゲティ」トヨタ 平井和平氏
  • 感性価値時代のデザイン…「明太子スパゲティ」トヨタ 平井和平氏
  • 感性価値時代のデザイン…「明太子スパゲティ」トヨタ 平井和平氏
  • 感性価値時代のデザイン…「明太子スパゲティ」トヨタ 平井和平氏
  • 感性価値時代のデザイン…「明太子スパゲティ」トヨタ 平井和平氏
「人とくるまのテクノロジー展2008」(5月21 - 23日、パシフィコ横浜)のフォーラム『感性価値時代のデザインと企業ブランド』で、トヨタ自動車の平井和平デザイン本部常務役員は、「j-factorに基づく感性価値の創造」というテーマで講演を行った。

平井氏は、トヨタデザインの根幹を成すj-factor、異なる価値を調和することで新しい価値を創造するトヨタの独自手法の一例として、「トヨタ」と「レクサス」の2ブランドのデザインフィロソフィを展開した。

「トヨタ」のデザイン哲学については、「くずしある完成」「主張ある調和」「情緒ある整然」の3要素で構成されていると同氏は語り、2008年ジュネーブモーターショーでプレビューした『iQ』を例に出しさらに解説を加えた。

「一般に日本の茶碗とか、庭園というのは、外側より内なる側が大きく感じられるものが良いという日本独自の美意識に着眼し、『コンパクトな外観に、驚きの広い室内空間』という相反する独自のプロポーションをもつ『ヴィッツ』を生み出した。この考えをiQにまで進化させている」

また、自然界に存在する貝殻や波紋などの形状を例にあげ、「iQのフロント、リア、サイドに見られる数学的なクリーンな面質に、躍動感を与えて新鮮さを保っている。これは精度感と躍動感の相乗効果を具現化したもの」とも。

いっぽう「レクサス」のそれについても、日本固有の美意識に基づいて考えられているという。「例えば石庭は、一見シンプルに見えるが、様々な形の石で構成され、それらを巧みに対比させることで、シンプルでありながら深い味わいを与える」。

「レクサスブランド全車種に一貫しながら、車種の個性とカスタマーに配慮した適切に表現する。シンプリシティとダイナミズムは、ボディー造形と一体化したリアコンビネーションランプなどに見られる。また、フードのドライな面質の広がりと、彫刻的なフェンダーとのコントラストなどは、さらなるダイナミズムを生んでいる」

また同氏は、「日本人には、明太子スパゲティなどのようにおいしいものを掛け合わせる発想、日本の価値観・美意識に近づける力がある。単体の価値を両立するアイデアは、これからまだまだ出てくるとはず」と語り、自社のj-factorに基づくカーデザインに期待を込めた。
《大野雅人》

編集部おすすめのニュース

特集