ルノー日産、燃料電池車のプロトタイプの共同開発を加速

エコカー 燃費

ルノーと日産自動車は29日、ゼロ・エミッション車・燃料電池車のプロトタイプの共同開発を加速すると発表した。

両社は、アライアンスの環境問題に対するコミットメントであるゼロ・エミッション車の実現に向けて開発を強化している。日産は2010年度までに米国と日本に電気自動車を投入することや2011年度に、ルノー・日産アライアンスでイスラエルとデンマークで電気自動車を量販することを発表している。

ルノー・日産アライアンスではゼロエミッションの実現に向けて燃料電池車の共同開発を強化する。両社は現在、2車種の燃料電池車のプロトタイプモデルを先行開発している。ルノーの『セニックZEV H2』、日産の『エクストレイルFCV』は、今年夏に欧州各地で開催される環境技術イベントに出展する予定。

また、日産は6月から9月にかけて欧州6カ国でエクストレイルFCVのデモ走行を行う。ルノーは、6月後半にバルセロナで開催される環境ワークショップにてセニックZEV H2を展示する予定だ。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集