オークネット4月… クラウン がトップに

自動車 ビジネス 企業動向

オークネットは、4月のオークネットTVオークションの成約台数を集計し、タイプ別ランキングベスト10をまとめた。それによると国産車部門第1位は、前月3位だったトヨタ『クラウン』セダンだった。

2位は前月4位からランクアップしたトヨタ『セルシオ』、3位がスズキ『スイフト』だった。6位のホンダ『オデッセイ』、7位の日産『キューブ』は徐々に順位を上げている。8位は前月33位から飛躍的なランク入りとなったトヨタ『ランドクルーザープラド』で、現行型が人気。成約率60%で10位に付けたのはトヨタ『カローラ』セダンで32位からのランク入りを果たした。

軽自動車部門は、1位がホンダ『ライフ』、2位がダイハツ『ムーヴ』、3位がスズキ『ワゴンR』と常連組が上位を占めた。4位のスバル『ステラ』は、出品台数を減らしたものの、高い人気を維持して9位から急上昇した。出品台数の増加に伴ってランクを上げてきたのは、5位の三菱『eKワゴン』。6位のホンダ『バモス』も出品台数を大きく伸ばして前月の11位からランク入りとなった。

輸入車部門は、1位がBMW『3シリーズ』セダン、2位がメルセデスベンツ『Cクラス』セダン、3位がメルセデスベンツ『Eクラス』セダンだった。5位のBMWグループ『MINIクーパー』は前月8位から着実に順位を上げている。8位のメルセデスベンツ『Aクラス』は「A170」、「A200エレガンス」が好調だった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集