【スバル フォレスター 新型発表】ボクサーエンジンらしいたたずまいを進化

自動車 ニューモデル 新型車
【スバル フォレスター 新型発表】ボクサーエンジンらしいたたずまいを進化
  • 【スバル フォレスター 新型発表】ボクサーエンジンらしいたたずまいを進化
  • 【スバル フォレスター 新型発表】ボクサーエンジンらしいたたずまいを進化
富士重工業は12月25日に、新型スバル『フォレスター』を発表した。ボクサーエンジン搭載のスバル車はオーバーハングの長さが象徴的。

スバル商品企画本部、デザイン部の富田邦裕さんは「実を言うと、長さ自体は先代からほぼ変わっていません。ですが、衝突安全性を守っての結果でもあります。後退角をとるなどして、長く見せないようにはしています」と言った。

また、『インプレッサ』などボクサーエンジンならではのボンネットの低さや薄さを採り入れていた車種もあったが、「このクルマでは、意図的に厚く見せています。先代が曖昧な車格に見えていたので、車格感や存在感を上げるよう意識しました」と言った。完全に競合車と同じようなSUVになったということだった。

 注目の新車は、今いくら? ユーザーアシスタンス
新車見積りのトップページはこちらから
新車見積りトップページのURLをメールで送る。
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース