【ホンダF1】ロス・ブラウン「RA108はコンセプトが違う」

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

29日、チームの本拠地にてニューマシン「RA108」を発表したホンダ。今季から新たにチーム代表に就任したロス・ブラウンはニューマシンについて「『RA107』と全く異なるコンセプトを持ったマシン」と説明した。

「RA108はエアロダイナミクス・レイアウト及びメカニカル構造的に、RA107と全く異なるコンセプトを持つ。エアロダイナミックパッケージや開発に幅を持たせられるようにとのデザイン理念の下、特にシーズンを通じたアップグレードが容易にできるようになっている」と、マシンについて説明したブラウン。

チームでは開幕戦メルボルンまでに早速、大幅なエアロダイナミクスパッケージの見直しを行うとしている。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集