【株価】米国の緊急利下げも、慎重派が主流

自動車 ビジネス 株価

全体相場は3日ぶりに反発。前日の米国の緊急利下げを受けて買い戻しが入り、インド市場が堅調だったことも下支え要因となった。もっとも、この日の米国市場の動向を確認したいとの慎重派が主流で、積極的に買い上がる展開とはならなかった。

国際優良株が買われ、自動車株は全面高となった。トヨタ自動車が前日比220円高の5100円、ホンダが95円高の3010円と、それぞれ大台を回復した。日産自動車が23円高の945円と反発した。
《山口邦夫》

編集部おすすめのニュース

特集