アウディジャパン、上級モデルにマルチメディアインターフェースを標準装備

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

アウディ ジャパンは、23日から取り扱い車種のうち『A8』、『A6』、『Q7』などのアッパークラスの8モデルに、地上デジタルTV放送(フルセグ)チューナーを搭載した「マルチメディアインターフェース」(MMI)を標準装備して販売する。

MMIは、シンプルで論理的な操作性を持つアウディ独自のインフォメーション・コントロール・システムで、ナビゲーション、オーディオ、車両機能セッティングなどが集中操作できる。

今回アウディはこのMMIに、新開発の新型ナビゲーションと、地上デジタルTV放送対応チューナーを標準装備する。

地上デジタルTV放送は、日本ではすでに開始しており、2011年にはアナログ放送から完全移行する予定だが、アウディではこれに先駆けて上位モデルに標準装備する。地デジチューナーは、従来オプションやアフターマーケットで対応されているが、国内で標準装備に採用したのはアウディが初めて。

新開発のナビゲーションシステムは、384MHzとこれまでのMMI搭載バージョンから処理速度を高速化したことで、スクロールや縮小・拡大、ルート計算などがストレスなく操作可能となった。画面表示についても、従来に比べ3D表示、看板標識など表示のバリエーションを追加しユーザーの好みを選択しやすくした。

さらに、今回の新型MMIは、『iPod』などの携帯オーディオプレーヤーとの接続を可能にする「アウディ・ミュージック・インターフェース」(AMI)も標準装備する。iPodコネクターのほか、USBコネクターの使用により他のMP3プレーヤーにも対応可能。

MMI、AMIは、A6のセダン、アバント、オールロード クワトロ、『S6』セダン、アバント、A8、『S8』、Q7の8モデルに標準装備となる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集