ガソリンキャップレスに動くフォード

エコカー 燃費

ガソリンキャップレスに動くフォード
  • ガソリンキャップレスに動くフォード
フォードモーターでは、フォードブランドの『マスタング・ブリット』、『エクスプローラー』、『F150ピックアップ』など、いくつかのモデルで、ガソリンタンクのキャップを廃止している。

リンカーンの09年モデル『MKS』もキャップレスになる予定だ。

F150ピックアップのチーフエンジニア、マット・オレーリー氏は、「ユーザーに対するアンケート調査などの結果、多くの人が給油のたびにガソリンキャップを外すことに不満を感じている。その要望に応える形でキャップレスを実現した」と語る。

フォードのキャップレスシステムは、NASCARのレースカーからヒントを得たもので、ガソリン注入口の内側にバネ仕掛けのフラップが取り付けられ、ガソリンノズルを差し込むとフラップが動く仕組み。ノズルが離れるとフラップはタイトに固定される。

オレーリー氏によると、今後フォードのすべてのモデルは最終的にキャップレスシステムを採用することになり、他のメーカーも追随するだろう、という。

ただしGMの北米販売、サービス部門副社長、マーク・ラネーブ氏は「今のところキャップレスシステムを導入する予定はない」と否定的。

ガソリン高が続き、ガソリン泥棒も横行するアメリカで、セキュリティ対策万全のキャップレスシステムを普及させられるかどうかに、今後のトレンドがかかってきそうだ。
《Sachiko Hijikata, US editor》

編集部おすすめのニュース

特集