【東京オートサロン08】日産、2つのカスタマイズの方向性

自動車 ニューモデル モーターショー

【東京オートサロン08】日産、2つのカスタマイズの方向性
  • 【東京オートサロン08】日産、2つのカスタマイズの方向性
  • 【東京オートサロン08】日産、2つのカスタマイズの方向性
  • 【東京オートサロン08】日産、2つのカスタマイズの方向性
  • 【東京オートサロン08】日産、2つのカスタマイズの方向性
  • 【東京オートサロン08】日産、2つのカスタマイズの方向性
  • 【東京オートサロン08】日産、2つのカスタマイズの方向性
  • 【東京オートサロン08】日産、2つのカスタマイズの方向性
  • 【東京オートサロン08】日産、2つのカスタマイズの方向性
東京オートサロン08の日産ブース、メインステージでは、ドレッシーな衣装とタップダンスなどを取り入れた情熱的なパフォーマンスが披露された。

日産ブースのテーマも「ドレスアップとチューニング」、オーテックの「ライダー」シリーズをはじめとするクールなモデル、ニスモのモータースポーツを意識したホットなモデルが、それぞれのカスタマイズの方向性を示した。

メインステージの2台は、「日産」ブランドが提案するカスタマイズの方向性。「ドレスアップ」と「チューニング」2つの価値観を併せ持つ。

『スカイラインクーペ・エアロスポーツ・コンセプト』『エクストレイル“エクストリーマーパッケージ”ストレッチド』は、スカイラインクーペの躍動感、エクストレイルはSUVの力強さ、それぞれの世界観を更に高めたコンセプトモデル。量産モデルではできなかったテーマを、デザイナーのスケッチそのままにカタチにした、そんなカスタマイズが施されている。

日産のカスタマイズの方向性は、歴代の『スカイラインGT-R』を称した言葉「羊の皮をかぶった狼」に通じる、クールルックスとホットな情熱を併せ持つ日産の美意識が見え隠れする。
《》

編集部おすすめのニュース

特集