【スバル フォレスター 新型発表】走りのスバルは、ヤメた

自動車 ニューモデル 新型車

【スバル フォレスター 新型発表】走りのスバルは、ヤメた
  • 【スバル フォレスター 新型発表】走りのスバルは、ヤメた
  • 【スバル フォレスター 新型発表】走りのスバルは、ヤメた
  • 【スバル フォレスター 新型発表】走りのスバルは、ヤメた
  • 【スバル フォレスター 新型発表】走りのスバルは、ヤメた
  • 【スバル フォレスター 新型発表】走りのスバルは、ヤメた
富士重工業が12月25日に発表した新型スバル『フォレスター』は、従来型の商品性が『レガシィ』、『レガシィアウトバック』と接近していたということもあり、お互いを離そうという意識のもと、開発された。

スバル商品企画本部、プロジェクトジェネラルマネージャーの市川和治さんは、「フォレスターは乗用進化型のSUVで、ロングドライブでも疲れない、気持ちのよい“走り”が持ち味でした。この部分は、継承したいと思いました。ですが、同じ“走り”でもスバルが今まで考えてきた概念をやめて、もっと軽快・快適に、しかも速く移動できるものにしたいと改めました」と言った。

「そこで、後席を中心とした居住空間は改善したいと思いました。頭上空間、足元空間共に見違えるように変化したと思います」と、市川さんは言った。寸法はそれぞれ、室内高で45mm、室内幅65mm後席レッグルームでは、110mm拡大されている。
《》

編集部おすすめのニュース

特集