【インプレ'08】松田秀士 マツダ『デミオ』軽量化がもたらすメリット

試乗記 国産車

車重が軽くなったことがすべてにおいて功を奏している。

まず、クルマの動きがとても軽快。とくに、市街地での信号待ちからのスタートで軽々と加速していく。信号でのストップも軽いからすんなりと止まる。この軽量化は、もちろん燃費にも好影響を及ぼすだろうが、ハンドリングに関しても大きなものがある。

軽量化によって、サスペンション系もハードにする必要がなくなった。だから、乗り心地もいい。

ステアリングを切り込んだ瞬間の反応は、バネレートがソフトなクルマらしい落ち着いた応答性だ。でも、向きが変わり始めると軽快にノーズがインに切れ込んでいく。さらに適度にロールしながらコーナーリングの姿勢をとる。『フィット』や『ヴィッツ』などと比べても、ソフトでしなやかなサスペンション特性だ。

ただ、ソフトなサスペンションゆえコーナーリング中ロールしていても、車体が軽いことからくる安心感がある。S字コーナーのような切り返しでも、反対方向へのロールに対して揺り戻しもなく、素直に向きを変えてくれる。軽量化というものの恩恵を、改めて感じた。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★★☆☆
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★★☆


松田秀士|モータージャーナリスト
GTでフェラーリを駆る現役レーサー。INDY500やルマンなど海外レースにも積極的にチャレンジする。すでに49歳が目前という年齢ながら、まだまだ走る。モータージャーナリスト活動にも積極的。日本カーオブザイヤー選考委員。
《松田秀士》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集