ヤマハ トリッカーXG250 一部改良…環境性能の向上

自動車 ニューモデル 新型車

ヤマハ発動機は、『トリッカーXG250』に始動性や環境性能の向上を図るため、F.I.(フューエルインジェクション)を採用するなどの仕様変更をして、2008年1月30日から発売する。

今回のモデルでは、F.I.の採用、吸気ポート形状変更などで環境性能とトルク感の向上を図った。

従来より2リットル増となる7.2リットル容量の新燃料タンク採用したほか、シート形状変更による快適性の向上やフロントサスペンションのセッティング変更による操縦安定性の最適化などを図った。

トリッカーXG250は、市街地での実用機能とBMXやサーフィン、スノーボードなど身体を動かすX系スポーツの雰囲気を兼ね備え、扱い易さと個性的デザインが幅広い層から支持されている。

価格はXG250が45万7800円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集