ポルシェ 911 GT3カップ を開発 420馬力

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

ポルシェ 911 GT3カップ を開発 420馬力
  • ポルシェ 911 GT3カップ を開発 420馬力
  • ポルシェ 911 GT3カップ を開発 420馬力
  • ポルシェ 911 GT3カップ を開発 420馬力
  • ポルシェ 911 GT3カップ を開発 420馬力
ポルシェAGは、2008年のモータースポーツシーズンに、エンジンの最高出力を420PSに高めたニューポルシェ『911 GT3カップ』を投入すると発表した。車両はワンメイクレース「ポルシェ・モービル1・スーパーカップ」や日本を含め世界各地で開催される「ポルシェカレラカップ」、「GT3カップチャレンジ」に参戦する。

プロダクションモデルをベースとしたこのレースカーは、ヴァイザッハにあるポルシェのレース部門が設計、シュトゥットガルト・ツッフェンハウゼンの生産ラインで、265台が生産される。

エクステリアの最大の変更点はリアセクションで、これは量産モデルの変更を受けたもの。スリットタイプのエアアウトレットは後方への排熱効率を高めた。ヴァイザッハで開発した3.6リットル6気筒水平対向エンジンは、ロードゴーイング仕様の「911 GT3」をベースとし、旧型を20馬力上回る最高出力420PSを発揮する。

6速のシーケンシャルトランスミッションは、フルスロットル状態でクラッチを切ることなくシフトアップすることが可能。トランスミッション自体も最適化し、エンジンの特性に合わせてギア比を変更する。レース仕様の 911 GT3カップの車重は 1150kgで、パワーウエイトレシオは2.7kg/PS。

ポルシェ・モービル1・スーパーカップ参戦用の26台には、ポルシェ・セラミック・コンポジット・ブレーキ(PCCB)やF1を彷彿とさせる排気音となる専用のエグゾーストシステムを装備する。PCCBは、従来のブレーキディスクに較べ、バネ下重量を20kg軽減し、レスポンス、耐フェード性、耐久性を向上した。

カレラカップ参戦車両には変更されたエグゾーストシステムと鋳鉄製のブレーキディスクを装備する。ポルシェカレラカップジャパン参戦用の8台はすでに完売した。

ポルシェのレース部門は、911GT3カップカーのファインチューニングとシェークダウンを担当する。納車は国別のレースカレンダーを遵守して直接、ヴァイザッハから行う。カレラカップニュージーランド向けの車両はすでに出荷済みで、ポルシェ・モービル1・スーパーカップ、カレラカップドイツ向けの車両は、2008年3月に出荷する予定。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集