【日産 スカイラインクーペ 詳報】切れ味のよいトランスミッション

自動車 ニューモデル 新型車

【日産 スカイラインクーペ 詳報】切れ味のよいトランスミッション
  • 【日産 スカイラインクーペ 詳報】切れ味のよいトランスミッション
  • 【日産 スカイラインクーペ 詳報】切れ味のよいトランスミッション
  • 【日産 スカイラインクーペ 詳報】切れ味のよいトランスミッション
  • 【日産 スカイラインクーペ 詳報】切れ味のよいトランスミッション
新しい日産『スカイラインクーペ』のトランスミッションはセダンと同じ5速ATと、セダンには設定のない6速MTが用意されている。6速ATが主流のなか、5速ATというのが少し寂しいところだが、スカイラインクーペの5速ATはスポーティに仕上げられている。

スカイラインクーペの開発を担当した車両開発主管の田村正樹さんは「スカイラインクーペのATはロックアップ領域の拡大により、ダイレクト感のあるフィーリングを実現しています。また、シンクロレヴコントロールや「タイプS」と「タイプSP」にパドルシフトを採用することで、スポーティな走りにも対応できる設定としています」

「Dレンジからマニュアルモード側に倒すとDSモードに入り、そのDSモードでは自動変速を行ないつつ高回転を維持してくれますので、スポーツ走行に適したシフトスケジュールを行なってくれます」

「6速MTは1〜3速のトリプルコーンシンクロの採用やショートストローク設計により、スムーズで素早いシフトチェンジが可能となっています」と話す。

確かにスカイラインクーペのATは、シフトダウン時にシンクロレヴコントロールが入り、切れ味のよい軽快なシフトダウンを行なってくれる。シンクロレヴコントロールはマニュアルモードだけではなく、DSモードで走っている際にも介入するので、DSモードならさらに容易に、豊かなエンジンパワーを引き出すことが可能だ。

6速MTは滑らかな操作性を持ちながらも、じゅうぶんな剛性感があり、心地よいシフトフィールを味わうことができる。

5速ATと6速MTともにスカイラインクーペのキャラクターに合った、スポーティなトランスミッションに仕上げられている。
《岡島裕二》

編集部おすすめのニュース

特集