【CEATEC07】ロボロボロボロボ

「CEATEC JAPAN 2007」(2-6日、幕張メッセ)では技術アピールのため、自社開発ロボットを展示する企業もあれば、部品を搭載しているホビー用途などのロボットを展示する企業もあった。

エコカー 燃費
【CEATEC07】ロボロボロボロボ
  • 【CEATEC07】ロボロボロボロボ
  • 【CEATEC07】ロボロボロボロボ
  • 【CEATEC07】ロボロボロボロボ
  • 【CEATEC07】ロボロボロボロボ
「CEATEC JAPAN 2007」(2-6日、幕張メッセ)では技術アピールのため、自社開発ロボットを展示する企業もあれば、部品を搭載しているホビー用途などのロボットを展示する企業もあった。

シチズンは自社製ロボットを展示していた。大阪大学大学院工学研究科とともに開発した、縦1cm×横1×高さ2cmという、小型で、光エネルギーで動く『マイクロ・ロボット』である。シチズンブースでは、その『マイクロ・ロボット』を使ったサッカーゲームのデモンストレーションを実施していた。

またヴイストンは、税込み価格で504万円という、高機能ロボットの新型『Robovie-R ver.2』を展示。全高は110cmとホンダ『ASIMO』クラスで、移動は車輪方式。504万円という価格は、市販されていないもののASIMOがウン千万円といわれており、このクラスのロボットとしては非常に安価だ。

また展示だけではなく、案内という業務に従事していたのが、綜合警備保障の『ガードロボ』シリーズだ。05年に開発された最新型の警備機能特化モデル『D1』、02年に同シリーズ初の販売モデルとして登場した『C4』、そして愛知万博での実証実験のために開発された研究用プロトタイプの『i』の3タイプが幕張メッセのコンコースに配備されていた。ちなみに、『D1』はヘッドランプの赤いプロトタイプと、青い量産型の両方があった。現在はD1量産型がリースされており、リース料は月々38万円だ。
《デイビー日高》

編集部おすすめのニュース

特集