ARTA夏祭り…レースクイーンとドライバーの仲、ほんとうのところ

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

ARTA夏祭り…レースクイーンとドライバーの仲、ほんとうのところ
  • ARTA夏祭り…レースクイーンとドライバーの仲、ほんとうのところ
  • ARTA夏祭り…レースクイーンとドライバーの仲、ほんとうのところ
  • ARTA夏祭り…レースクイーンとドライバーの仲、ほんとうのところ
  • ARTA夏祭り…レースクイーンとドライバーの仲、ほんとうのところ
  • ARTA夏祭り…レースクイーンとドライバーの仲、ほんとうのところ
スーパーオートバックス戸田店(埼玉県戸田市笹目)は25日・26日に、『ARTA夏祭り大イベント』を開催した。同イベントは、SUPER GTのGT300クラスの43号車ARTA Garayaを駆る新田守男選手と高木真一選手、ARTA GALSの大塚莉奈さんと高田恵梨子さんらが参加。

新田選手と高木選手がトークショーでファンを沸かせていたが、問題発言(?)で、場を盛り上げていたのが高田さんだ。ステージ背後の大型モニターに、新田選手のクラッシュシーンが映された際に、「そのときは、あらら、やっちゃったと思いました」などストレートな感想を述べる。それに対し新田選手は、「お前、オレの体を心配するとかねーのかよ!」と。

それで火がついたか、「だいたい、この間の鈴鹿(SUPER GT第6戦)だって、スタート前にオレが陰になるよう傘差してくれないんだよ。自分の日傘にしちゃってさ。一番大事なの、運転するオレじゃないの?」と、実情を暴露。なおそのとき差していたのは、このふたりではない模様だ。

ファンからの質問で「職業病はありますか?」というのに対し、4人とも全員がオレンジ色に反応してしまうという答え。高木選手は、1回だけ某牛丼チェーン店のオレンジ色をオートバックスと間違えたとか。また新田選手は、レーシングスーツを干していたら中にハチが入ってしまったことがあったそうで、レース中に数か所刺されたとのこと。「全然わからなくて、鈍いって(笑)」と自嘲していた。

また、「走ってみたいコースは?」に対し、新田選手は「市街地コースを走ってみたい。首都高とか」(笑)と回答。それを受けて高木選手が「でも、それだと土屋(圭市)さんとか織戸(学)が優勝しちゃうよね」(笑)と抜群のコンビネーションを見せていた。
《デイビー日高》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集