ホンダ スーパーカブ50 マイナーチェンジ…PGM-FIを搭載

自動車 ニューモデル 新型車

ホンダ スーパーカブ50 マイナーチェンジ…PGM-FIを搭載
  • ホンダ スーパーカブ50 マイナーチェンジ…PGM-FIを搭載
  • ホンダ スーパーカブ50 マイナーチェンジ…PGM-FIを搭載
ホンダは、ロングセラーを続けるビジネスバイク『スーパーカブ50』シリーズと『プレスカブ50』シリーズをマイナーチェンジし、9月21日から発売すると発表した。

今回、スーパーカブ50シリーズとプレスカブ50シリーズは、環境性能のさらなる向上を目指し、優れた始動性、スムーズな走りなどに寄与する電子制御燃料噴射システム(PGM-FI)を新たに搭載する。

また、排気ガスを浄化する触媒装置(キャタライザー)をエキゾーストパイプ内に装備することで、2006年国内二輪車排出ガス規制に適合させている。

外観では、両シリーズともに、エンジンのクランクケースカバーをシルバーからブラックに変更した。また、マフラーガードの形状を変更することでより質感の向上を図った。

価格はスーパーカブ50デラックスが21万5250円、プレスカブ50スタンダードが22万1550円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集