BMW第2四半期決算…増収減益 販売好調でもユーロ高と研究開発費増で

自動車 ビジネス 企業動向

BMWグループは、2007年4−6月期の連結決算を発表した。売上高は、前年同期比11.3%増の146億8300万ユーロだった。BMW、MINI、ロールスロイス・ブランドの販売が好調で、合計販売台数は同8.6%増の39万7009台と過去最高となった。

ただ、収益は、ユーロ高と原材料価格の高騰により、当初の予測を下回った。さらにニューモデルの初期費用、効率的かつ燃費を削減するエンジンの開発に多額な費用の増大が収益を圧迫した。

ただ、その効果としてBMW AG取締役会ノルベルト・ライトホーファー会長は「秋からヨーロッパで販売されるBMWおよびMINIブランドの約40%にエフィシェント・ダイナミクス技術が搭載されることで、1km当たりのCO2排出量は140gを下回る」と述べている。

第2四半期の税引き前利益は、同13.6%減の10億6500万ユーロとなり、純利益は同4.3%減の7億5300万ユーロとなった。

2007年6月中間期の売上高は、同7.3%増の266億3400万ユーロだった。税引き前利益は同24.2%減の19億1700万ユーロだった。これには、ロールス・ロイス社株の他社転換債の一時利益3億7500万ユーロが含まれている。一時利益を除いたグループの利益は、13.4%減と大幅減益となった。

ライトホーファー会長は「BMWグループは1ケタ台後半の成長率、140万台以上の販売台数達成とロールスロイス社株の他社株転換債の一時利益を除外して過去最高を記録した前年度を上回る税引き前利益を達成する見込み」としている。BMW、MINI、ロールスロイスの3つのブランド全てで、販売台数の新記録を達成する見込み。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集