【三菱ふそう スーパーグレート 改良新型】2015年燃費基準達成が課題

自動車 ニューモデル 新型車

【三菱ふそう スーパーグレート 改良新型】2015年燃費基準達成が課題
  • 【三菱ふそう スーパーグレート 改良新型】2015年燃費基準達成が課題
  • 【三菱ふそう スーパーグレート 改良新型】2015年燃費基準達成が課題
  • 【三菱ふそう スーパーグレート 改良新型】2015年燃費基準達成が課題
  • 【三菱ふそう スーパーグレート 改良新型】2015年燃費基準達成が課題
  • 【三菱ふそう スーパーグレート 改良新型】2015年燃費基準達成が課題
新型三菱ふそう『スーパーグレート』のエンジンは排気量13リットル級直列6気筒「6M70」系。スペックは320ps・130kgmの「T1」から420ps・185kgmの「T4」までの4種類。

基本的には旧型の改良型で、スペックに大きな変更はないが、350psの「T2」、380psの「T3」は最大トルクがそれぞれ旧型の165kgm、175kgmからT4と同じ185kgmに引き上げられている。6M70系にはこのほか460psの「T5」、520psの「T7」が存在するが、両者とも大型トラクター用で、スーパーグレートには搭載されない。

これらのエンジンに組み合わされるトランスミッションは、直結7段式2ペダルフルオート機械式変速機「INOMAT-II」、OD付き7段MT、OD付き6段MTの3種類。INOMAT-IIは発進時を含め、クラッチ操作が一切不要となり、イージードライブ性を増した。また、最高段である7速を増速ギアでなく直結とすることで変速機内のフリクションロスを減らしているという。

パワートレインの改良を受けたスーパーグレートだが、燃費については他メーカーに対するビハインドを完全には解消できていない。重量車モード燃費は20トン超モデルでリッター3.60km−3.75kmと、大型車の燃費向上のガイドラインである重量車燃費基準(総重量20トン超の場合、リッター4.04km)は、全グレードとも未達成に終わった。

重量車モード燃費は計算値であり、必ずしも実燃費を反映しているとは限らない。また達成義務が生じるのも2015年とまだ先だが、日野自動車やいすゞ自動車がすでに同基準をクリアするモデルをラインナップしているなかで全滅というのは、イメージ的にはよろしくない。三菱ふそう関係者によれば、将来的には対応する予定とのことだが、時期は未定。イメージアップのためにも、すみやかな改良が求められる。
《井元康一郎》

編集部おすすめのニュース

特集