【トヨタ イスト 新型発表】低燃費とひとクラス上の走りを両立

自動車 ニューモデル 新型車

【トヨタ イスト 新型発表】低燃費とひとクラス上の走りを両立
  • 【トヨタ イスト 新型発表】低燃費とひとクラス上の走りを両立
  • 【トヨタ イスト 新型発表】低燃費とひとクラス上の走りを両立
  • 【トヨタ イスト 新型発表】低燃費とひとクラス上の走りを両立
  • 【トヨタ イスト 新型発表】低燃費とひとクラス上の走りを両立
  • 【トヨタ イスト 新型発表】低燃費とひとクラス上の走りを両立
  • 【トヨタ イスト 新型発表】低燃費とひとクラス上の走りを両立
7月30日にトヨタから発売された新型で2代目の『イスト』。前評判は高かったが、実車はそれを裏切ることのない完成度の高さを披露してくれた。スタイルやデザインだけでなく、走りにも力が入っているのが新型の特徴。

エンジンは1.5リットルと1.8リットルの2本立て。すでに他のコンパクトモデルにも搭載され、定評を得ているユニットで、それぞれVVT-i/デュアルVVT-iの採用などにより、パワーと経済性を高いレベルで確保している。

組み合わされるのは1.5リットル車がCVT。1.8リットル車が4速ATとなっている。最近では全グレードCVTというのが、トヨタでも珍しくないのだが、チーフエンジニアの三浦清克氏によれば「CVTはエンジン性能を最大限に引き出し、省燃費のための変速コントロールという点も重視。いっぽうのATはジェントルな走りを実現させるという点にポイントを置いて組み合わせています」。

やはり、この点からも車格に対してオーバーパワーの感すらある1.8リットル車というのは、余裕たっぷりの大人な走りを重視したグレードであることがわかる。そう考えると、逆に日常的に使うなら1.5リットル車でも不満はないといえるだろう。

そして「上級モデルの『RAV4』と同じシステムを贅沢に採用しました」と、三浦清克チーフエンジニアが自慢げに語るのが、4WDに設定されるアクティブトルクコントロール4WD。イストのクラスだと雪国向けの生活4WDというのがメインだけに、日常的な安全性の向上という点ではじつに頼もしい採用といっていいだろう。
《近藤暁史》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集