東名高速 沼津ICでETCレーンの位置を変更

自動車 テクノロジー ITS

NEXCO中日本(中日本高速道路)によると、東名高速道路・沼津IC出口レーンのETCの位置が工事のために変更になる。期間は、8月6日−11月末の間、出口料金所にある2か所のETCレーンの位置を左側に変更する。11月以降は右側にもETCレーンを1か所設置する。

国土交通省が進める東駿河湾環状道路の建設に合わせて、県道・東駿河湾環状道路への出入りをスムーズに利用できるように静岡県と共に周辺整備事業を実施中。今回の工事では、整備事業に伴いETCレーンの増設が必要となり、料金所出口中央のETCレーンを左右両側に増設することとなった。

また同時に係員が安全にブースに移動できるよう、安全通路の設置工事も行う。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集