FIA、F1 2008年カレンダーを発表

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

FIAが2008シーズンカレンダーを発表した。アメリカGPが消滅し、代わりにシンガポールとバレンシア(ヨーロッパGP)が加わり、今年より1戦多い全18戦となる。

先日開幕戦は行わないと発表したオーストラリアだが、来年も無事にオープニングレースをホストすることになった。また、消滅が噂されていたフランスがカレンダーに残り、ホッケンハイムのドイツが復活(ニュルブルクリンクは消滅)。

なかでも注目は9月に行われるシンガポールGP。史上初のF1ナイトレースになる予定だ。

第1戦 3/16 オーストラリアGP
第2戦 3/23 マレーシア「GP
第3戦 4/6 バーレーンGP
第4戦 4/27 スペインGP
第5戦 5/11 トルコGP
第6戦 5/25 モナコGP
第7戦 6/8 カナダGP
第8戦 6/22 フランスGP
第9戦 7/6 イギリスGP
第10戦 7/20 ドイツGP
第11戦 8/3 ハンガリーGP
第12戦 8/24 (新)ヨーロッパGP
第13戦 9/7 イタリアGP
第14戦 9/14 ベルギーGP
第15戦 9/28 (新)シンガポールGP
第16戦 10/12 中国GP
第17戦 10/19 日本GP
第18戦 11/2 ブラジルGP
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集