GKNドライブライン、トルクベクタリングハードウェアユニットを開発

自動車 ニューモデル 新型車

GKNドライブラインは,トルクベクタリング技術の最初の量産用アプリケーションを発表した。

トルクベクタリングのハードウェアユニットは、システムリーダーであるZF社の「ベクタードライブ」リアアクスル用に装着される。

このリアアクスルは将来のBMW車のアプリケーションのために開発している。

GKNは、広範囲な製品開発と電子トルクベクタリング分野の車両技術の開発に注力してきた。これまでGKNドライブラインは、最新式のトルクベクタリングのユニット、車両制御ロジックを開発し、これらを高性能RWDとAWDデモンストレーションカーに適用してきた。

今回開発したトルクベクタリングハードウェアユニットは、モジュール式で、コスト効果のある考え方で、幅広い車両へ容易に適用可能なデザインとなっている。

アクスル当り2つのユニットを持つ。ZFシステムで電動モーターを電子的に制御してクラッチを作動させ、スーパーインポジションプラネタリーギアセットにより要求通りのベクタリングトルクを提供する。

GKNドライブラインのアクチュエーターは、要求されたレスポンス時間内に作動を完了させるため、基本的に湿式クラッチと2ステージのボールランプメカニズムで構成する。プラネタリーギアセットのギアは、最良の燃料効率を実現するために必要時のみ作動する。湿式クラッチは高熱容量と低い引きずりトルク用にデザインされている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集