ダイハツ、福祉車両100台寄贈

エコカー 燃費

ダイハツ、福祉車両100台寄贈
  • ダイハツ、福祉車両100台寄贈
ダイハツ工業は、創立100周年記念事業の一環として取り組んできた全国都道府県への軽自動車福祉車両100台寄贈に対する全国知事会からの感謝状を受領したと発表した。

ダイハツは、1907年の設立から今年3月1日で創業100周年を迎え、この記念事業の一環として、高齢者およびハンディキャップを持つ人の日常生活や社会進出を支援するため、ダイハツの軽自動車福祉車両の『タントスローパー』などを、全国の都道府県に合計100台寄贈することにした。

今回の寄贈では、1月の全国知事会で、地元の大阪府からダイハツの意向を申し入れて実現したもので、4月から寄贈目録の贈呈式を各都道府県で開催し、6月に終了したことを受け、全国知事会から感謝状の贈呈を受けた。

同社では今後ともグループ企業とともに、地域社会の一員として社会貢献活動に取り組んでいくとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集