三菱自動車、俊敏な自動変速を行うMTを開発

自動車 ニューモデル 新型車

三菱自動車、俊敏な自動変速を行うMTを開発
  • 三菱自動車、俊敏な自動変速を行うMTを開発
三菱自動車は、クラッチ操作を行わなくても通常のマニュアルトランスミッション以上の俊敏な変速を可能とする自動変速マニュアルトランスミッション「Twin Clutch SST(スポーツ・シフト・トランスミッション)」を開発したと発表した。今年秋に発売予定の『ランサー・エボリューションX』に搭載する計画だ。

ツイン・クラッチSSTは、自動変速マニュアルトランスミッションに、ツインクラッチ方式を採用することで「気持ちの良い加速フィーリング」と、高効率な動力伝達機構による「優れた燃費性能」を可能にした。

奇数(1、3、5速)段用クラッチと偶数(2、4、6速)段用クラッチの計2系統のクラッチを交互に切り換えることで、変速タイムラグの無い、素早い変速が可能となる。また、トルクコンバーターではなく、クラッチで動力を伝達するため、構造がシンプルで、動力損失も少なく伝達効率に優れているため、燃費の向上にもつながる。

走行シーンに合わせ「Normal」「Sport」「S-Sport」の3つの変速プログラムが選択でき、街乗りから、ワインディング路走行まで幅広い走りに対応する。Normalモードは、市街地など通常の走行を想定したモードで、比較的低回転で変速するため、変速も滑らかで、快適性や燃費を考慮した変速パターンとなっている。

Sportモードはワインディング路走行やエンジンブレーキが必要な場合を想定したモードで、Normalモードと比べると、高回転で変速し、変速も速いため、ダイレクト感のある素早いアクセルレスポンスを実現する。S-SportモードはSportモードと比較し,より高いエンジン回転で変速し,更に素早い変速が可能な変速モードとなっている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集