【トヨタ ヴォクシー/ノア 新型発表】トヨタ博物館に豊田章男副社長が登場

自動車 ニューモデル 新型車

【トヨタ ヴォクシー/ノア 新型発表】トヨタ博物館に豊田章男副社長が登場
  • 【トヨタ ヴォクシー/ノア 新型発表】トヨタ博物館に豊田章男副社長が登場
  • 【トヨタ ヴォクシー/ノア 新型発表】トヨタ博物館に豊田章男副社長が登場
  • 【トヨタ ヴォクシー/ノア 新型発表】トヨタ博物館に豊田章男副社長が登場
  • 【トヨタ ヴォクシー/ノア 新型発表】トヨタ博物館に豊田章男副社長が登場
  • 【トヨタ ヴォクシー/ノア 新型発表】トヨタ博物館に豊田章男副社長が登場
  • 【トヨタ ヴォクシー/ノア 新型発表】トヨタ博物館に豊田章男副社長が登場
  • 【トヨタ ヴォクシー/ノア 新型発表】トヨタ博物館に豊田章男副社長が登場
  • 【トヨタ ヴォクシー/ノア 新型発表】トヨタ博物館に豊田章男副社長が登場
トヨタは、『ヴォクシー』および『ノア』を約5年半ぶりにフルモデルチェンジし、6月27日に発売した。トヨタのお膝元である東海地区の発表会場では、創業家出身の豊田章男副社長が新型車の発表を行なった。

2001年に登場した初代ヴォクシー/ノアは、累計80万台ともなるベストセラーミニバン。よって今回の2代目はそのキープコンセプト型で、乗降性の向上やサードシート格納のワンタッチ化など、主に使い勝手を進化させている。主力モデルのボディサイズは従来と同じ5ナンバー幅だが、上級グレードは3ナンバー幅(1720mm)に。ただしこれも16インチタイヤを履くためフェンダーを少し膨らませているからに過ぎない。

パワートレインは新開発の2リッター直4とCVT(無段変速機)だが、技術面で最大のニュースは上級グレードの「バルブマチック(Valvematic)」だ。バルブのリフト量を連続変化させることで、吸入空気量を制御する点はBMWのバルブトロニックと同じだが、トヨタでは独自のギア機構を用いている。結果としてポンピングロスを低減し、燃費や出力が向上する点はバルブトロニックと同じだ。10・15モード燃費はバルブマチック搭載車で14.2km/リットルとなっている。

なお、愛知県長久手町のトヨタ博物館で行われた名古屋発表会には、国内営業担当となった次期社長候補の豊田章男副社長が初登場。「トヨタにとってコアな車種の発表をさせていただくのは光栄だ。国内市場は成熟マーケットとなっているだけで、厳しいとは思っていない。ノア/ヴォクシーにとってはすべてのクルマがライバルだ」と述べた。
《丹羽圭@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集