三菱自動車、新型 パジェロ をインド市場に投入

自動車 ニューモデル 新型車

三菱自動車、新型 パジェロ をインド市場に投入
  • 三菱自動車、新型 パジェロ をインド市場に投入
三菱自動車は、 インドの同社のビジネスパートナーであるHindustan Motors(ヒンダスタン)で新型『モンテロ』(日本名『パジェロ』)を通して市場投入すると発表した。新型モンテロは完成車でインドに輸入し、 ヒンダスタンの販売網35店舗で販売する。

ヒンダスタンは、 1998年から『ランサー』の生産を開始し、 現在はランサーのほか、「ランサー・セディア」、パジェロを生産・販売し、2006年8月から完成車としてモンテロを販売している。今回新たに発売する新型モンテロは、2006年10月に日本国内で発売した4代目のパジェロで、ヒンダスタンとしては5車種目の新型車となる。

また、三菱自動車は『アウトランダー』などの新型車もインド市場に順次投入していく予定。

自動車需要が急拡大しているインド市場に、積極的に新型車を投入して車種の拡充を図るとともに、販売、アフターサービスも強化し、インドでの三菱ブランドの確立を図る方針だ。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集