住友ゴム、インドネシア子会社が環境報告書を発行 海外で2番目

エコカー 燃費

住友ゴム工業は、インドネシア子会社ピーティースミラバーインドネシア(略称=スリンド)が初めての「環境報告書2007」を発行したと発表した。住友ゴムの海外子会社による環境報告書の発行は、中国の住友橡膠(常熟)/住友橡膠(蘇州)有限公司に続いて2社目。

環境報告書2007は、スリンドの2006年の環境関連活動をまとめたもので、全18ページ。報告書には、「環境方針」、「環境管理組織」、「環境ISO14001認証」、「環境改善活動」などについて、写真やグラフとともに紹介している。

報告書はインドネシア語版と英語版の2種類がある。

スリンドは1997年の操業開始以来、環境保全活動を推進してきた。住友ゴムと同様、社長をトップとした環境管理委員会を設置し、EMS(環境管理システム)責任者を配置して、環境関連活動を展開しており、2003年にはISO14001の認証を取得、2004年12月には埋立廃棄物を1%未満にしたゼロエミッションを達成している。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集