三菱商事とキリンビール、バイオエタノール工場を受注

エコカー 燃費

三菱商事とキリンビールは、北海道農業協同組合中央会やホクレン農業協同組合連合会などが主体になって取り組む北海道十勝地区の燃料用バイオエタノール製造プロジェクトで、製造施設の建設を受注した。

三菱商事が中心になってキリンビール、日本化学機械製造と組み、キリンビールがこれまで培った発酵技術に基づくプラント設計と建設技術を、日本化学機械製造が蒸留設備の技術を提供し、2009年3月の稼働を目指す。受注額は約60億円。

今回のプロジェクトは農林水産省が支援するもので、ホクレンの清水製糖工場(北海道上川郡清水町)構内に年間製造能力1.5万キロリットルのバイオエタノール製造設備を建設する。同設備では国内最大級という。

三菱商事とキリンビールは、今回の製造施設建設の受注を通じて、バイオエタノール製造で国産技術を開発し、全世界的な課題である温室効果ガス排出抑制に取り組んでいきたいとしている。
《山田清志》

編集部おすすめのニュース

特集