【スバル インプレッサ 新型発表】スポーティさと機能性をカタチに

自動車 ニューモデル 新型車

【スバル インプレッサ 新型発表】スポーティさと機能性をカタチに
  • 【スバル インプレッサ 新型発表】スポーティさと機能性をカタチに
  • 【スバル インプレッサ 新型発表】スポーティさと機能性をカタチに
  • 【スバル インプレッサ 新型発表】スポーティさと機能性をカタチに
  • 【スバル インプレッサ 新型発表】スポーティさと機能性をカタチに
  • 【スバル インプレッサ 新型発表】スポーティさと機能性をカタチに
5日に発表されたスバル3代目『インプレッサ』。そのスタイリッシュなデザインに目を奪われる。全体的なイメージとしては、まるでヨーロッパの上級コンパクトハッチといったところ。

とくにリヤはオーバーハングを切りつめつつ、塊感を強調することでボリュームをアップ。一転してフロントは逆にシンプルにまとめ、スッキリ感を全面に表現したという絶妙なシルエットが印象的だ。

そしてサイドに通されたラインが前後をうまくつないでおり、こういった点によってプレミアム性をも表現している。ディテールについても、リヤランプをホワイトレンズ化することで、クリアなイメージをさりげなく、しかし大胆にプラスするなど、好アシストする。

商品企画の松本博桂氏によれば「機能とスタイルの両立を目指しました」というのだが、その目論見はうまくカタチになったといっていいだろう。
《近藤暁史》

編集部おすすめのニュース

特集