【トヨタ プレミオ/アリオン 新型発表】5ナンバーセダンの完成形

自動車 ニューモデル 新型車

【トヨタ プレミオ/アリオン 新型発表】5ナンバーセダンの完成形
  • 【トヨタ プレミオ/アリオン 新型発表】5ナンバーセダンの完成形
  • 【トヨタ プレミオ/アリオン 新型発表】5ナンバーセダンの完成形
  • 【トヨタ プレミオ/アリオン 新型発表】5ナンバーセダンの完成形
  • 【トヨタ プレミオ/アリオン 新型発表】5ナンバーセダンの完成形
  • 【トヨタ プレミオ/アリオン 新型発表】5ナンバーセダンの完成形
  • 【トヨタ プレミオ/アリオン 新型発表】5ナンバーセダンの完成形
トヨタセダンのスタンダード、往年の『コロナ』『カリーナ』の血統を受け継ぐ、ミドルサイズセダン『プレミオ』『アリオン』のフルモデルチェンジが実施された。

2世代目に進化したプレミオ/アリオンは、先代モデル同様に扱いやすい5ナンバーサイズを維持し、パワートレインには『カローラ』と共通の1.5リットルと1.8リットルを採用している。

プレミオ/アリオンの開発責任者を務めた第2トヨタセンターの日高達郎さんは「新型は、5ナンバーセダンの完成形を目指し、先代が持つ扱いやすいパッケージングを踏襲しながらも、内外装の質感や安心感の高い走りを、大きく進化させています」とコメント。

「また、スマートエントリーを全モデルに、バックモニターをもっとも低価格のグレードを除き標準装備していますので、装備面も充実させました。さらに全車にCVTを採用するなど、動力性能も大幅に向上。5ナンバーセダンの完成形を作るという開発目標は達成できたと確信しています」

実際に新型プレミオ/アリオンは、先代のイメージを残しつつも質感を大幅に高め、優れたパッケージングを実現している。確かに現状の5ナンバーサイズのセダンの中では熟成の域に達したといっても過言ではないだろう。
《岡島裕二》

編集部おすすめのニュース

特集