三菱自動車と三菱重工が開発したカーエアコンにEPAアワード

エコカー 燃費

三菱自動車は、三菱重工業と共同で開発した「省動力カーエアコン」が地球の気候保全に貢献することが認められ、米国環境保護庁(EPA)から2007年Climate Protection Awardを受賞した。

今回の受賞は、三菱重工が、新型のコンプレッサーなどコンポーネントの開発とシステムの開発試験を担当し、三菱自がオンロードSUV『アウトランダー』に実際に搭載した状態での車体や制御の改良によるシステムの効率向上や実用性確認試験などを担当した。エアコンシステム・制御の改善による消費動力低減を実現したことが評価された。

米国の自動車技術会(SAE)とEPAが2004年に立ち上げた「I-MAC(改良されたカーエアコン)」システム研究プログラムでは、カーエアコンの30%の効率向上が目標となっているが、両社のシステムは、この目標をクリアした。

EPAアワードは、地球気候の保全に関して特別の貢献や技術的功績が認められた個人および団体、企業、政府組織などに与えられるもの。1997年の京都議定書の採択を受け、1998年に創設された制度で、世界各国の産業界、政府、学術団体、非政府組織などの代表からなる国際的な審査委員会の評定を経て、EPAが受賞者を表彰する。

三菱自は「省動力カーエアコン」を搭載した北米市場のアウトランダーを今年秋に市場投入する予定。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集