ケンウッド、メモリーナビ内蔵CDレシーバーを商品化

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
ケンウッド、メモリーナビ内蔵CDレシーバーを商品化
  • ケンウッド、メモリーナビ内蔵CDレシーバーを商品化
ケンウッドは、フラッシュメモリータイプのカーナビゲーションシステムを2DINサイズのCDレシーバーに内蔵した『MNA-350』を開発、軽自動車・小型車向けのディーラーオプション製品として7日から発売開始した。

MNA-350は、従来のPNDタイプのようにダッシュボードに設置するのではなく、コンソールに取り付けができるように2DINサイズのCDレシーバーにメモリーナビゲーションを内蔵した。

MNA-350は、自動車メーカー向けに供給していく計画で、その第一弾として、7日からダイハツ工業の『ハイゼットカーゴ』のディーラーオプション製品として販売を開始した。

今後は供給先を他の自動車メーカーにも拡大し、国内市場におけるディーラーオプション事業の拡充をはかる計画だ。

MNA-350は、2DINサイズの本体部に、住所検索や電話番号検索などが可能な簡易ナビを内蔵、操作も3.5型の液晶パネルで簡単に行うことができる。CDレシーバー部には、主要な圧縮音楽フォーマットであるMP3/WMA/AACに対応するとともに、別売のインターフェースユニットを使用することでiPodに収録された楽曲の再生/操作にも対応した。

さらに、あらゆるポータブルオーディオが接続可能なAUX端子をフロントパネルに搭載した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集