横浜ゴム、ロータスカップ・ジャパンに専用タイヤをワンメイク供給

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
横浜ゴム、ロータスカップ・ジャパンに専用タイヤをワンメイク供給
  • 横浜ゴム、ロータスカップ・ジャパンに専用タイヤをワンメイク供給
  • 横浜ゴム、ロータスカップ・ジャパンに専用タイヤをワンメイク供給
横浜ゴムは、今年から開催される「ロータスカップ・ジャパン2007」に同社のスポーツタイヤ、ADVAN『Neova AD07 LTS』をワンメイク供給する。供給サイズは175/55R16(フロント)、225/45R17(リア)で全レース合わせておよそ500本を供給する。

今回供給するADVAN Neova AD07 LTSは、ロータスカーズ社が昨年夏に発売したロータス『エリーゼ』のスタンダードモデル「エリーゼS」の専用タイヤ、ADVAN『Neova AD07』をベースにロータスカーズ社と共同開発したもの。

サーキットで鍛え上げたADVAN Neova AD07を装着したロータス・エリーゼSは、0-100km/h加速が6.1秒、最高速度205km/hを発揮、驚異的な加速性や軽快なハンドリング性をフルに引き出すのに貢献している。

ロータスカップ・ジャパン2007は、同レースに参戦するユーザーにのみ販売されるレース仕様の「エリーゼSカップカー」で行われるナンバー付き車両レース。ロータス・エリーゼSをベースに6点式ロールゲージや4点式シートベルトなどの安全装備が加えられており、ストライプ&ユニオンジャックのスペシャルカラーをまとう。

今年は5月6日の第1戦ツインリンクもてぎで開幕、全4戦を予定しており、20−25人の参加を見込む。参加希望者は車両購入のほかに国内A級ライセンスと年間参加フィー50万円が必要。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集