ブリヂストン、業績見通しを上方修正 円安効果で

ブリヂストンは、2007年6月中間期の連結決算業績見通しを上方修正した。売上高は、1兆4700億円を予想していたが、1兆5650億円に上方修正した。為替レートが当初の想定よりも円安で推移しているためだ。

自動車 ビジネス 企業動向
ブリヂストンは、2007年6月中間期の連結決算業績見通しを上方修正した。

売上高は、1兆4700億円を予想していたが、1兆5650億円に上方修正した。為替レートが当初の想定よりも円安で推移しているためだ。

また、収益面でも営業利益を760億円から890億円に上方修正した。経常利益は580億円から720億円、中間期純利益を350億円から450億円にそれぞれ上方修正した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集