【ジュネーブモーターショー07】マツダ 葉風…SUVでも「流」のテーマ

自動車 ニューモデル モーターショー
【ジュネーブモーターショー07】マツダ 葉風…SUVでも「流」のテーマ
  • 【ジュネーブモーターショー07】マツダ 葉風…SUVでも「流」のテーマ
  • 【ジュネーブモーターショー07】マツダ 葉風…SUVでも「流」のテーマ
  • 【ジュネーブモーターショー07】マツダ 葉風…SUVでも「流」のテーマ
  • 【ジュネーブモーターショー07】マツダ 葉風…SUVでも「流」のテーマ

マツダがジュネーブモーターショーで発表した『葉風』(ハカゼ)には、最近のマツダ車にしばしば登用され、今回発表された『デミオ』にも採用されている切り違えのキャラクターラインが用いられる。

デザイン本部の林浩一副本部長はボディデザインについて「流=Nagareシリーズ共通のボディランゲージである、グリル、ヘッドライトからサイドのフローライン、テールランプまで止まることなく流れるラインを葉風でも活かしています。ホイールも、スポークから外に流れてタイヤパターンまで一連の流れがあります」と言う。

「車が止まっている状態でも、まさに葉をも揺らす爽やかな風を感じるようなフォルム、自然を表現できたと思います。太陽を欲する欧州事情にあわせてルーフは部分的に脱着でき、リアバンパー下に収納できる工夫もしました。これまでの『流』『流雅』は車高の低いボディでしたが、SUVモデルでもNagareのデザインテーマを表現出来たと思います」とのこと。

Nagareのデザインテーマモデルは次回の東京モーターショーにも出展が予定されている。「東京モーターショーまで時間があるので、4作目はさらに飛躍できると思います」という次回作にも期待だ。

《ケニー中嶋》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース