スバル新中期経営計画 米国は最重要市場、日本と同じ規模目指す

自動車 ビジネス 企業動向
富士重工業は、新たに策定しした2007−2010年度の新中期経営計画で、米国市場を最重点市場として生産・販売面でてこ入れする。
 
具体的には、北米を専門で担当する「海外第一営業本部」を新設して、製造と販売の一元強化による収益力と機動性の向上を図る。
 
北米は、販売低迷で、在庫が増えたことから、販売てこ入れのためのインセンティブ(販売奨励金)を積み増したことが、収益を圧迫した。米国生産工場SIAの社長で、米国の製造責任者だった及川博之SIA社長がSIA会長となって販売部門のSOAも統括、全体をオペレーションできる体制を整える。
 
富士重の北米拠点は東部にあるが、日系自動車メーカーが事務所を数多く構え、富士重のシェアの低いエリアでもある西部のロスアンゼルスにサテライトオフィスを新設する。市場ニーズを吸収するなど、情報収集活動を活発化する。
 
さらに、販売ネットワークも強化する。2006年に北米で601拠点あるが、スバル専売店を中心に増設して2010年度までに625店にする。
 
森社長は「北米市場では製造販売一元化がうまくいってなかった面もある。ここ数年サンベルト地帯で拠点を増やしたり、スポットモデルを投入しているがまだまだ認知度が低い」との販売低迷の原因を分析、今後計画に沿って生産や販売体制を強化して「2010年には日本に並ぶ販売台数23万6000台を目指す」方針だ
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集