【日産 ピノ 発表】発売1カ月の受注が目標の2倍、グッズも好調

自動車 ニューモデル 新型車

【日産 ピノ 発表】発売1カ月の受注が目標の2倍、グッズも好調
  • 【日産 ピノ 発表】発売1カ月の受注が目標の2倍、グッズも好調
  • 【日産 ピノ 発表】発売1カ月の受注が目標の2倍、グッズも好調
日産自動車は、1月22日に発売した新型軽自動車『ピノ』の受注が、発売後1カ月経過した2月22日時点で、累計5500台に達し、月販目標2500台の2倍を超える好調な滑り出しとなったと発表した。

ピノはスズキの『アルト』のOEM(相手先ブランドによる生産)供給車。受注の内訳は、グレードの「S」が受注したうちの54.1%を占めた。次いで多かったのは「E」で32.4%。
 
購入者層では、60歳以上が24.3%で一番多かったものの、50歳代が22.4%、29歳以下が22.2%と幅広い層に人気を集めている。40歳代が15.9%、30歳代も15.2%だった。ショールームへの来場者のうち、3割が10−20代の女性で、狙い通りのターゲットを獲得している模様だ。
 
ボディカラーでは、シルキーシルバーの人気が最も高く、次いでライムグリーン、ミルクティーベージュ、アンティークローズが続く。
 
さらに、新しい試みとして、プラザスタイルとのコラボレーション企画で立ち上げたオンラインショップ「ピノショップ」では、オリジナルシートクロスを初めとするピノ関連グッズのトータルの売り上げが、半月で当初の目標を達成し、好調に推移している。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集