タイ初期品質でトヨタがトップ独占…JDパワー

自動車 ビジネス 企業動向
JDパワーアジア・パシフィックは16日、2006年のタイ自動車初期品質調査の結果を発表した。トヨタ自動車がエントリー・ミッドサイズカーなど全5カテゴリーでトップとなり、昨年の4カテゴリーからさらに評価を高めた。

初期品質調査は、新車購入時から2-6カ月を経過したユーザーから不具合指摘件数を集計、車種ごとに指数化したもの。

トヨタはエントリー・ミッドサイズカーで『ヤリス』がトップとなったのをはじめ、ミッドサイズカーでは『カローラ・アルティス』が最高の評価となった。

さらにピックアップの3カテゴリーでは『ハイラックス・ヴィーゴ』シリーズがいずれもトップとなった。

調査は06年7月から9月にかけて面接で行い、同年1月から7月に新車を購入した3413人から回答を得た。メーカー10社の49モデルが調査対象となった。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集