BMWとMINI、ドイツ誌の読者投票で上位を総なめ

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

BMWとMINI、ドイツ誌の読者投票で上位を総なめ
  • BMWとMINI、ドイツ誌の読者投票で上位を総なめ
BMWグループは、現行モデルが、ドイツの自動車専門誌『アウト・モーター・ウント・シュポルト』の読者投票で今年の「ベスト・カー」に選出されたと発表した。

BMWとMINIブランドは3部門で第1位、3部門で第2位、2部門で第3位を獲得した。特にBMW『3シリーズ』は、読者投票の開始以来18回目となるタイトル獲得。『MINI』(ミニ)は、7回連続で1位を獲得した。

受賞モデルはBMW3シリーズが「ミッドレンジ部門第1位」、BMW『1シリーズ』が「ロワー・ミッドレンジ部門第2位」、BMW『5シリーズ』が「アッパー・ミッドレンジ部門第2位」、ニューBMW『X5』が「オフロード部門第2位」、BMW『7シリーズ』が「高級車部門第3位」、BMW『6シリーズ』・コンバーチブルが「コンバーチブル部門第3位」、ニューMINIが「小型車部門第1位」、ニューMINIが「小型車/輸入車部門第1位」だった。

今年の投票には10万人以上の読者が参加した。BMWグループでは、得票数が伸びたのは、個性を持つ車、高い品質を通して納得させてくれる車、魅力的な走りを提供してくれる車への期待の高まりとしている。

BMWグループの販売台数は前年実績を3.5%上回る137万3970台に達し、BMW、MINI、ロールスロイスブランドは、各セグメントのマーケットリーダーとなっているとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集