【東京オートサロン07】スズキのガルウイング

自動車 ニューモデル モーターショー

【東京オートサロン07】スズキのガルウイング
  • 【東京オートサロン07】スズキのガルウイング
  • 【東京オートサロン07】スズキのガルウイング
  • 【東京オートサロン07】スズキのガルウイング
ラリーの功績でスポーティなイメージを獲得しているスズキ。東京オートサロンでもスポーツコンセプトを引き立てている。しかしオートサロンはチューンドカーだけの祭典ではない。ドレスアップ車、目立ってこそクルマ、という文化の拠り所でもある。そんな文化のド真ん中にスズキは『スイフトXスポーツ』を持ってきた。

なんといってもガルウィングドアが派手だ。全身にカーボン風パーツを纏った姿はスポーティだが、随所にネオン管を仕込んだデコ仕様。ハッチバックを開けば大口径ウーハーと巨大なアンプが鎮座する。真っ赤な室内には太いロールバーも見えるけれど、スポーツ走行よりは赤を強調するための装飾品に見えてくる。

スイフトといえばJWRC。しかしそんなイメージは払拭し、とにかく楽しいクルマを作ったらこうなった。スモールカーを愛し、遊び心を忘れない。そんなスズキの若さを、多くの来場者が笑顔で讃えていた。
《杉山淳一》

編集部おすすめのニュース

特集