スズキ、日産からOEM供給のミニバン、ランディ を発売

自動車 ニューモデル 新型車

スズキ、日産からOEM供給のミニバン、ランディ を発売
  • スズキ、日産からOEM供給のミニバン、ランディ を発売
  • スズキ、日産からOEM供給のミニバン、ランディ を発売
  • スズキ、日産からOEM供給のミニバン、ランディ を発売
  • スズキ、日産からOEM供給のミニバン、ランディ を発売
スズキは22日、ミニバン『ランディ』を発売した。日産自動車からOEM(相手先ブランドによる生産)供給を受け販売する。

新型車は日産の『セレナ』をベースに、日産がスズキ向けに生産する。3列シート8人乗りで、排気量2.0リットルエンジンとCVT(無段変速機)を組み合わせている。グレードは「2.0S」と「2.0G」の2種類で、メーカー希望小売価格は220万1850−265万7550円。月間販売目標は700台。

スズキは、日産からミニバンの供給を受けると同時に、日産に対し『アルト』をベースにした新型軽『ピノ』の供給を始めた。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集