ダイムラークライスラー日本 06年販売、4.2%増 メルセデス好調で

自動車 ビジネス 企業動向

ダイムラークライスラー日本は、2006年の販売実績を発表した。2006年は、メルセデス・ベンツが好調で前年比4.2%増の5万7743台となり、順調に推移した。

メルセデスベンツカーグループは、同5.3%増の5万1683台だった。特にメルセデスベンツは同8.4%増の4万9681台で、550万円以上の輸入プレミアムセグメントでトップだった。『Bクラス』が順調だったほか、クリーンディーゼルエンジン搭載モデルをラインアップして一新した新型『Eクラス』、『Sクラス』などが好調だった。高性能モデルの「AMG」シリーズも約1600台と堅調だった。

また、クライスラーブランドは、3826台だった。クライスラーブランドは『300Cツーリング』を加えた上級モデルの「300C」が健闘、ミニバンの『ボイジャー』も安定的に推移した。ジープは新たに投入した『コマンダー』などが寄与し、同4.6%増の2234台だった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集