アドヴィックスが新世代 ABS、ECS を開発 カローラ から搭載

自動車 ビジネス 企業動向
アドヴィックスが新世代 ABS、ECS を開発 カローラ から搭載
  • アドヴィックスが新世代 ABS、ECS を開発 カローラ から搭載
アイシングループのブレーキシステムメーカー、アドヴィックス(斎藤治彦社長、愛知県刈谷市)は、従来比で20%の軽量・コンパクト化を図った新世代のABS(アンチロックブレーキシステム)、ESC(横滑り防止装置)を開発したと発表した。

新世代ABSは、制御バルブ、モータの駆動方法を変更することにより、一層の軽量・コンパクト化を図った。またECSは独自のギヤポンプにより高い静粛性を実現。ブレーキ制御を使ったレーダークルーズコントロールやプリクラッシュセーフティなどの拡張機能にも対応した。

これらのABS、ECSは、トヨタ自動車の新型『カローラ』から搭載されている。
《編集部》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース