【日産 スカイライン 新型発表】好発進! 1週間で月販目標の4倍

自動車 ニューモデル 新型車

【日産 スカイライン 新型発表】好発進! 1週間で月販目標の4倍
  • 【日産 スカイライン 新型発表】好発進! 1週間で月販目標の4倍
  • 【日産 スカイライン 新型発表】好発進! 1週間で月販目標の4倍
  • 【日産 スカイライン 新型発表】好発進! 1週間で月販目標の4倍
  • 【日産 スカイライン 新型発表】好発進! 1週間で月販目標の4倍
日産自動車は、20日に発売した新型『スカイライン』の受注台数が、発売後1週間経過した27日時点で、累計4144台に達し、月販目標の4倍を超える好調な滑り出しとなったと発表した。

新型スカイラインは、月販目標1000台だったが、発売1週間で4倍以上の受注を獲得した。日産ではOEM供給車以外で全くの新型車の投入が約1年無かったこともあって、新型スカイラインでは早くから営業活動を開始していたため、好調なスタートとなった。

購入層は60歳以上が全体の36.0%で最も多く、次いで50-59歳が24.8%。30-39歳が19.3%、40-49歳が18.0%と幅広い。

受注のグレード別内訳は「250GT」が最も多く全体の28.4%、次いで「350GTタイプSP」が16.8%、「250GTタイプV」が16.2%、「250GTタイプP」が15.5%だった。

エンジン別ではVQ25HRが68.8%、VQ35HRが31.2%。ボディカラーではブリリアントシルバーが最も多く全体の22.2%、ホワイトパールが19.0%、宣伝メインカラーのストラフィアブルーが18.6%だった。

オプション装着率では、プライバシーガラスが全体の77.8%、HDDナビゲーション・バックサイドビュー+サイドブラインドモニターが92.6%と装着率が高い。4輪アクティブスティアも51.9%が装着した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集